« ビュー・オブ・アウェイ | Main | 今週のサカダイ »

April 13, 2008

東京V1-2東京

G裏の雰囲気、すごく良かったよね(「寒い」コールは最高)。スタンドとピッチが本当に一体になっていた。やっぱり、これがダービーなんだなぁ。ここ数年で東京のサポーター、ファンになった人たちはこの感覚は知らなかったわけで、これを経験してしまうと否が応でもチームに対する思いいれは強くなるはず。クラブはクラシコというけれど、サポーターはやっぱりダービーへのこだわりの方が強いのだ。負けられない。この気持ちでスタジアムが一つになる。この異様な熱気を浴びてしまうと、もうサポはやめられなくなるのだ。それにしても、ゲーム終了後のコンフィデンスに声を涸らして登場する指揮官なんて始めてみたよwww。城福さんも熱いよなぁ。

さて、ゲームについて少々。

嫌な野郎に先制されたが、佐原が同じ釜の飯を食った仲間だったからかどうかは知らないが、結構上手くフッキを捌いていた。最後は自ら肘打ちを喰らって相手をピッチの外へ追い出すことに成功した。相変わらず足元は怪しいが、人への強さは安心してみていられるレベルだ。

同点に追いついて、20分過ぎぐらいからヴェルディの出足が極端に鈍って、フッキ頼みのサッカーになってきていたので、これはいけると思っていた。決勝点はロスタイムだったけど、あきらめない気持ちが東京の方が強かった、その結果だと思う。録画を見ていて気がついたんだが、相手の足が完全に止まっていたにしても、ゴールまでパスが随分繋がっていたので数えてみた。

25→13→10→9→30→6→10→13→10→5→17→5→13→17

→10→6→5→O.G。

なんと16本のパスが繋がっている。徳のスローインから長友誘発のオウンゴールまでゲームは途切れることがなかった。特に長友は何でこんなに高い位置にいるんだというくらいボックスの中を出入りしている(反面徳がバランスを取っている)。マイボールをキープしながら相手を崩す一つの理想型。相手が相手だけに余計に気持ち良い。

今週一週間幸せでいられるなんて、最高です。(あ、っと、水曜日あるんでしたね)

|

« ビュー・オブ・アウェイ | Main | 今週のサカダイ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/40871196

Listed below are links to weblogs that reference 東京V1-2東京:

« ビュー・オブ・アウェイ | Main | 今週のサカダイ »