« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

April 30, 2008

ファンタジーサッカー08 第8節レビュー

へたこいたぁ。全て裏目ですた。上位下位の力関係が安定していないJならではといえばそれまでですが、リーグ平均も50fpを割っていたので、今節は結構難しかったのかなと思いますよ。
味スタのゲームはBS-iの中継を見ていたけど、実に名古屋は不甲斐なかった。失点シーンは完全に気が抜けてしまってただけで、「選手が疲れていたなんて」ピクシーの言葉とも思えない。中位力を発揮して、このままズルズルいきそうな気配ですよ。まぁ、6日もこの調子でお願いできればこちらとしては幸いなのですがね。

GK 塩田(東京)…5fp
DF 阿部翔(名古屋)…5fp
   吉田麻(名古屋)…3fp
   中澤聡(G大阪)…3fp
   大岩(鹿島)…5fp
MF 小川佳(名古屋)…0fp
   小笠原(鹿島)…3fp
   10番(東京)…2fp
   山瀬功(横浜)…3fp
   今野(東京)C…5fp
FW 玉田(名古屋)…3fp
sub  大竹(東京)…5fp
合計42fp 通算459fp
2591位/9669 ローカルリーグ関東

それにしても昨日の味スタは荒れてた。2人の退場者については、傍目から見れば相当荒っぽかったんで違和感はそれほどなかったんだけど、現場で実際に起こっていたことはまったく理解できないね。たまたま被害が向こう側に集中しただけであって、解釈によってはこちらが被害者になっていたかもしれないと思うとゾッとしない。選手との信頼関係も築けずにゲームをコントロールできるはずはないだろう。もう蓋をしていていい段階はとっくに過ぎていると思うのだが。リーグなり協会なりがこれらの問題に対してすみやかに指針を示すべきだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2008

東京1-0大分

勝つべくして勝ったゲーム。

得点はセットプレーからだけだったが(赤嶺ナイスボレー!)、栗のFKといい今ちゃんのヘッドといいあと2~3点入っていてもおかしくはなかった。カボレ先生も得点への執念を見せてくれてたし、満足ですよ。まぁ、なまじ2-0になって変なプレッシャーを感じてひっくり返されるより、しっかりゲームコントロールして確実に勝ち点3をものにするほうが賢いやり方かな。膠着した時のにらみ合いサッカーもそれはそれで結構面白かった。当然東京の方がいい組み立てをしていたからね。ただ、勝っているのに無駄に体力をロスしたり変なタックル喰らって怪我するのはバカらしい(本当に今日の大分は荒っぽかった)。連戦を乗り切るためには、こういった細かいところも大事なこと。これも勝っているからこその余裕かな。去年の今では考えられないことだ。そう、去年は第9節で勝ち点8の16位。どうなっちゃうのって感じだったわけだから。

その時の17位、18位は大宮とえふしーだった(勝ち点ともに4)。方や残留して今年は結構いいサッカーを展開している、方やJ2に戦場を移しそれなりに頑張っている。となれば、まだなんとかできるかもしれない段階か。最終節だからねぇ(ボソッ)。

Photo 今日は久しぶりにフードコートで昼飯を購入。デラックスキーマカレー、結構いけました(ウインナーに味がサッパリだったのはマイナスでしたが)。

3日は大宮公園です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2008

GWの予定

GWの予定
29日味スタ
30日〜2日仕事
3日ボスの執念が実り初大宮公園参戦決定
4日GVです
5日GVです
6日味スタちゃりんこデー

29日は恒例鬼太郎デー。仙川某所でポスターを見つけたのですが、鬼太郎の隣りに羽生とカボレが並んでいるのに何か作意を感じるのはオイラだけでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2008

清水1-0東京

録画で観戦。

まぁ、味スタでミステルも言ってたけど、すべての試合に勝てるわけじゃないし、問題はこの失敗を次に引きずらないことでしょ。次のホームではいいゲームを見せてくれると信じましょ(オイラ的には大竹先発がまだ早い気がしてます。森村では空気が変わらない。むしろ逆の方がよかったかも)。

それにしても、「糞レフェリー」コールは耳につくなぁ。第三者的に聞くと結構みっともないというかガキみたいだから、いくら確かに酷かったとしても、もうちょっとエスプリの効いたコールに変わんないものかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2008

ファンタジーサッカー08 第8節プレビュー

今節はアウェーながら順位なりで組んでみました。玉田は再チャレンジです。カボレ先生をいれて2トップも考えたんですが、FWは水物だからなぁ。日本平は不参加なので、現地の方々応援よろしく。

【掟】
・浦和の選手は死んでも使わない。
・緑組の選手も死んでも選ばない。
・好きだから4バックにこだわる。
・当節の東京の対戦相手からは選ばない。
・10番は怪我などで出場できない限り必ず使う。出場できない場合は最低1人は東京から選ぶ。

GK 塩田(東京)
DF 阿部翔(名古屋)
   吉田麻(名古屋)
   中澤聡(G大阪)
   大岩(鹿島)
MF 小川佳(名古屋)
   小笠原(鹿島)
   10番(東京)
   山瀬功(横浜)
   今野(東京)C
FW 玉田(名古屋)
sub  大竹(東京)

追伸:関塚監督が一日も早くお元気になられますことをお祈り申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2008

アマブロ

アマのブログ発見さる。

こりは本当に本人が書いてるんじゃろか。

“じき”とか、外人ぽくもあり意図的にやってるっぽくもあり。

11日のイベントも内容がはっきりしてきたようで、とりあえずいってみるつもり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2008

ファンタジーサッカー08 第7節レビュー

大竹がやってくれましたね。後半途中出場で12fpですからたいしたもんです。ベンチなんで資金だけとは残念至極。我が軍に関しては弱気が過ぎました。
名古屋もヨンセンと玉ちゃんと迷ったところとか、神戸をどうすべきかとか、ポイントはいくつかあったんですが、予算内での組み合わせは本当に難しい。
今節の日立台については、先のサポーロ戦の例もあったのでちょっと敬遠したんですが、やっちゃいましたねぇ。これで本格的に来年はダービーないかもという状況に。J2はゲーム数があるので序盤負けが込んでも挽回可能ですが、J1の序盤でこの成績だと良くて入れ替え戦といったところでしょうか。だから今年はダービーが4回もあるのかなぁ(2年分?)。

GK 楢崎(名古屋)…5fp
DF 阿部翔(名古屋)…8fp
   長友(東京)…8fp
   中澤(横浜)C…9fp
   小宮山(横浜)…6fp
MF 小川佳(名古屋)…7fp
   栗原圭(神戸)…2fp
   10番(東京)…5fp
   山瀬功(横浜)…8fp
   金崎(大分)…5fp
FW 玉田(名古屋)…8fp
sub 大竹(東京)…12fp
   増嶋(京都)…0fp
合計 80fp 通算417fp
1971位/9633 ローカルリーグ関東
上位20%まであともう少し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2008

クローバーフィールド

これは、オイラ的にはやっちまった系に入る。

(ネタバレ)

Continue reading "クローバーフィールド"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2008

東京4-2川崎

先制されて追いついて、直後に突き放された時、どうにもこのまま川崎に行かれてしまうんじゃないかという不安がよぎった。しかし、ピッチで戦っている選手達はそんなこと微塵も思わなかった。いかんなぁ、こっちが弱気になってどうすんだ(反省)。

それにしても、いまや東京の攻撃のスイッチと化した感のある大竹だが、3点目といい4点目のスルーパスといい将来そらおそろしい18歳だな。逆転弾は彼のアイドルであるシュンスケをも上回るアイディアと技術が高いレベルで融合したゴール。あのタイミングで、本人はトゥキックといっているらしいが左アウトにややかかったショベルキックのようなループが良く打てるもんだ。あれだけでもご馳走様の感じだったが、4点目はそれを上回る“ラブリー”なゴール。また、今回も数えてみたよ。

7→10→9→10→25→10→24→25→10→9→24→30→6→Goaaaaal!!

今回は12本だったが、特筆すべきはアタッキングサードの動き。このパス交換に今ちゃんは参加していない。ラストパスを受けるべくスペースに走りこんでいる。ラブリーだね、チーム得点王。これが前半相手のプレッシャーの強い時間帯でも出来るようになれば無敵だな。

さて、今回のクラシコ、いろいろ因縁は言われているが、今回は佐原と城福さん2人のクラシコだった。勝つことで2人は川崎を離れた意義を証明できたんだろう。噂では佐原はもう東京に家買う気満々らしいぞ。実際戻したくないけどね。川崎からは恨み節が聞こえてきそうだ。

いやー、3位ですか。ビックリですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2008

ファンタジーサッカー08 第7節プレビュー

基本東海道・山陽新幹線です。ジュニーニョの調子が戻ってきてしまったので我が軍はちょっと控えめ(弱気)。

【掟】
・浦和の選手は死んでも使わない。
・緑組の選手も死んでも選ばない。
・好きだから4バックにこだわる。
・当節の東京の対戦相手からは選ばない。
・10番は怪我などで出場できない限り必ず使う。出場できない場合は最低1人は東京から選ぶ。

GK 楢崎(名古屋)
DF 阿部翔(名古屋)
   長友(東京)
   中澤(横浜)C
   小宮山(横浜)
MF 小川佳(名古屋)
   栗原圭(神戸)
   10番(東京)
   山瀬功(横浜)
   金崎(大分)
FW 玉田(名古屋)
sub 大竹(東京)
   増嶋(京都)

で、クラシコなんですが、やっぱり何となく盛り上がりません。なぜかというと、川崎って富士通という母体がありながらしっかり川崎市とタッグを組んで、地域に根付こうという努力をしっかりしているし、それが誰にも分かる形でアピールすることもしている。非常に共感できるのですよ。東京のフロントにも学ぶべきところがあるということも含めて、対抗するという気持ちがあまり湧かない。そりゃ負けるのは悔しいですが、対抗するという基本的なスタンスが弱いんですよ。

一方で、これな訳ですよ。まったくチームそのものがマネジメントできていない。相変わらずサポーターとか周りのことは関係なしにこんな話になってしまう。そもそも嫌い、というのが根っこにあるのだけれど、表出する出来事総てが気に食わないですよね。これに比べてしまうと、クラシコはほのぼのと見るしかないでしょ(知ってる東京サポで川崎嫌いな人見たことないですよ)。

心配なのは天気だけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2008

平城苑@有楽町

平城苑@有楽町
本日1年に1度のお務めを無事終えて(結果はわかりませんが)、心おきなく体に悪い物を頂く贅沢。ただ、昔ほどたくさん食べられないのがちょっと悲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2008

東京1-1磐田

さてさてさて。
もったいないゲームだったね。最後の最後、西が退場になって磐田の方が気持ちが吹っ切れたみたいに前へ出てきた。当然名波の存在がでかかったのだが、どうも押し込まれると、それをチームとして跳ね返す力がまだない。城福さんも采配についてはちょっと反省していたようだ。たぶん金沢の交代がポイントだったように思う。下衆な勘繰りをすれば平山に対する情けが仇になったということか。

事前情報では、おかぴょん、そりりんの代表監督2人が雁首そろえて見に来ていたらしいのだが、長友当確、平山落選は素人目に見ても明らか。長友は前半からジョーとどっちがサイドバックなんだというくらい高い位置に出て行って、見ているこちらが気持ちよくなるぐらい走りまくっていた。対する平山は、ポストの納まり具合、ハイボールの競り合い、足元、シュート(2本しか打ってないそうだ)、どれをとっても中途半端。数少ない決定機も決めきれない。ゲームに入る前、G裏が平山コールしているのに手も上げやしなかったのがすっごく気になって、本人相当思いつめていたのかなぁ、プレーに迷いがある感じがした。
さて、一方われらが10番はミスもいろいろあったが、やっぱり彼の独特の間こそが最大の魅力ということを再確認したよ。寄せられるから離せ!と思うタイミングでもワンテンポ抱え込むことで味方の上がりを促し、かつ相手の守備タイミングを微妙にずらしてパスを通していく。それが逆に引っ掛けられるといきなりピンチにもなるのだけれど、そのわずかなズレ、タイミング、リズムは何にも代えがたい。ミスも多いけど、指揮官たちが梶山陽平を使いたくなるのは実はこの辺にあるんじゃないだろうか。

あと、ゲーム中フラットな4-4-2になっていた時間があったんだけど、あれは練習でもやってるのかな。城福サッカーは懐が深い。名古屋とやるときが今からすごく楽しみです。

P.S.緑はメンバーちょっと変えただけで崩壊してしまった。こんなことだと来年はダービーなくなるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2008

ファンタジーサッカー08 第6節レビュー

3桁は届かなかったけど、やっと形になりました。リーグ戦の方も徐々に力関係がはっきりしてきたみたいで、特にDFラインの選択はしやすくなってきてます。得点に絡まないと中盤は難しいかな。次節は東海道新幹線です。

GK 塩田(東京)…9fp
DF 徳永(東京)…8fp
   長友(東京)…9fp
   中澤(横浜)C…9fp
   増嶋(京都)…6fp
MF 安田(G大阪)…6fp
   今野(東京)…5fp
   10番(東京)…5fp
   山瀬功(横浜)…11fp
FW ルーカス(G大阪)…8fp
   カボレ(東京)…7fp
合計92fp 通算377fp
2677位/9592 ローカルリーグ関東

さて、本日はナビスコ磐田戦。磐田は前節アウェーでサポーロにホーム初勝利をプレゼントし、チーム状況はあまりよくないようです。あれだけけが人が出ちゃうとやっぱり戦えないですね。遠慮なく勝ち点3いただきです(磐田トラウマを抱えている世代としては、なんか隔世の感があるなぁ)。

そういや、フッキがダービーの終わりで侮辱行為か何かしたらしく、出場停止が3試合になったとか。うーん、サカダイの編集長も今号のコラムで書いてたけど、フッキがいない緑の方がよほど嫌な感じがするんだよな。フッキ頼みで後ろがサボり気味なのがみえみえだったし、フッキ自身が変化して周りをもっと使うようになれば話は別だけれど、今回のダービーのようにフッキ抑えればOKなら、その方がディフェンスは楽だろう。フッキだってシュートは打つけど決定率は決して高くないし(とはいえ怖さはあるけどね)。だから、3試合出場停止に果たして喜んでいいものかどうか、ダービー後の監督会見で柱もそんなことを言っていただけに(自覚があるだけに)、むしろフッキ抜きでこれから当たる清水、柏、名古屋は(さわやかさんもあっちの方が絶好調なので)用心してかかるべきだと思うのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2008

今週のサカダイ

フジとヤスの対談。ボロボロになるまでやるつもりだとか。爺さんの影響もあるのか知らんが、好きなんだねサッカーが。

スピードがなくなったと感じたら、本人自ら決意するんだろうな。でもさ、とにかく、吉本が一人立ちするまでは頑張っておくれよね。そんでもって、もし、東京を後にすることがあっても、ミスター東京は不滅ですよ。スピードが少しぐらい落ちたって全然問題なし。岐阜の最終ラインでデカイ面してるチビッ子がいますから(しかもキャプテンマークまで巻いてますから)www、フジなら相当通用すると思うよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2008

東京V1-2東京

G裏の雰囲気、すごく良かったよね(「寒い」コールは最高)。スタンドとピッチが本当に一体になっていた。やっぱり、これがダービーなんだなぁ。ここ数年で東京のサポーター、ファンになった人たちはこの感覚は知らなかったわけで、これを経験してしまうと否が応でもチームに対する思いいれは強くなるはず。クラブはクラシコというけれど、サポーターはやっぱりダービーへのこだわりの方が強いのだ。負けられない。この気持ちでスタジアムが一つになる。この異様な熱気を浴びてしまうと、もうサポはやめられなくなるのだ。それにしても、ゲーム終了後のコンフィデンスに声を涸らして登場する指揮官なんて始めてみたよwww。城福さんも熱いよなぁ。

さて、ゲームについて少々。

嫌な野郎に先制されたが、佐原が同じ釜の飯を食った仲間だったからかどうかは知らないが、結構上手くフッキを捌いていた。最後は自ら肘打ちを喰らって相手をピッチの外へ追い出すことに成功した。相変わらず足元は怪しいが、人への強さは安心してみていられるレベルだ。

同点に追いついて、20分過ぎぐらいからヴェルディの出足が極端に鈍って、フッキ頼みのサッカーになってきていたので、これはいけると思っていた。決勝点はロスタイムだったけど、あきらめない気持ちが東京の方が強かった、その結果だと思う。録画を見ていて気がついたんだが、相手の足が完全に止まっていたにしても、ゴールまでパスが随分繋がっていたので数えてみた。

25→13→10→9→30→6→10→13→10→5→17→5→13→17

→10→6→5→O.G。

なんと16本のパスが繋がっている。徳のスローインから長友誘発のオウンゴールまでゲームは途切れることがなかった。特に長友は何でこんなに高い位置にいるんだというくらいボックスの中を出入りしている(反面徳がバランスを取っている)。マイボールをキープしながら相手を崩す一つの理想型。相手が相手だけに余計に気持ち良い。

今週一週間幸せでいられるなんて、最高です。(あ、っと、水曜日あるんでしたね)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2008

ビュー・オブ・アウェイ

ビュー・オブ・アウェイ
久しぶりの味スタアウェイ上層。昨年のコンサ戦以来。みたいと思うチームが東京でやる時は、結局ヴェルディとやる時なので、何気にヴェルディのゲームをみていたりする。にしても入ってないね。
くそフッキめ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2008

ファンタジーサッカー08 第6節プレビュー

負けられない戦いがそこにある。3年ぶりのダービーゆえにサポとしての気概を見せてくれよう。ついでにマッスゥ、ルーコンも選んでやったわ。本当は大竹も入れてやりたかったんだけど500万円足りんかった。メンゴ。

【掟】
・浦和の選手は死んでも使わない。
・緑組の選手も死んでも選ばない。
・好きだから4バックにこだわる。
・当節の東京の対戦相手からは選ばない。
・10番は怪我などで出場できない限り必ず使う。出場できない場合は最低1人は東京から選ぶ。

GK 塩田(東京)
DF 徳永(東京)
   長友(東京)
   中澤(横浜)C
   増嶋(京都)
MF 安田(G大阪)
   今野(東京)
   10番(東京)
   山瀬功(横浜)
FW ルーカス(G大阪)
   カボレ(東京)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2008

●十年ぶり

●十年ぶり

知り合いがバンドをやっていて、ライブをやるんで良かったら観に来てといわれて、ほんとうに何十年ぶりかでライブハウスに足を踏み入れてきた。あえてバンド名は記さないけど、彼らは1969年のウッドストックのThe WHOをリスペクトしていて、彼らのオリジナル曲の中身はほとんど60年代後半から70年代ロックのコラージュで出来ている。どこかで聴いたことのあるリフだのフレーズだの、果ては某クラプトンの名曲のソロがhそのまんままで出てきたりして、オジサン的には非常に郷愁をそそられたライブでしたよ。

渋谷桜坂の途中にあるそのライブハウスを出て、目と鼻の先にあるB&Bに久しぶりに顔を出す。マスターが息子をマリノスのジュニアスクール?に入れたそうだ。親バカである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2008

ファンタジーサッカー08 第5節レビュー

おおくぼー、やってくれたなぁ。田代と迷ったんだよなぁ。こうして禁忌のプレーヤーが増えていくのであった。モニの負傷でバックラインがどうなるかちょっと見えなかったのも影響して、なぜか急遽森重入れちゃったし。いや、霞ヶ丘で見たときはやっぱ良かったからねぇ。なんにしても資金を増やさんとなんともなりません。

【掟】
・浦和の選手は死んでも使わない。
・緑組の選手も死んでも選ばない。
・好きだから4バックにこだわる。
・当節の東京の対戦相手からは選ばない。
・10番は怪我などで出場できない限り必ず使う。出場できない場合は最低1人は東京から選ぶ。

GK 塩田(東京)…8fp
DF 徳永(東京)…8fp
   森重(大分)…4fp
   石櫃(神戸)…5fp
   岩政(鹿島)C…5fp
MF 青木(鹿島)…7fp
   今野(東京)…7fp
   10番(東京)…7fp
   マギヌン(名古屋)…3fp
FW 大久保(神戸)…-1fp
   カボレ(東京)…7fp
sub 大竹(東京)…5fp
合計 65fp 通算245fp
4285位/9535 ローカルリーグ関東

ところで、アマの引退記念試合が決まったそうで。リーグ公認は公式試合500試合出場が条件とははじめて知ったけど、こういうことはやっぱりクラブがちゃんとすべきだと思うね。や、実現に尽力したサポ連には感謝もするけど、東京のある意味恩人なわけでしょ。なんか腑に落ちないよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2008

チームマスコット

すでに一応検討はしてみたわけだが、中途半端にかっこよさなんかを気にするより、完全に子供向けと割り切った方がいいものが作れると思う。パルちゃんやグラン一家に対抗できるだけの強力なキャラを持ってこれれば最高だけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2008

東京1-0札幌

さてさてさて。

ブルーノも佐原も良くやった。今日は、ブルーノの前評判でスピードに難点ありと聞いていたので、最終ラインをどの位置で維持できるのか、裏のケアを特に見てたけど、全然不安なかったね。競り合いにも強いしフィードもいい。むしろモニよりいいくらいだ。佐原も緊張してたのかもしれないが、なんとか最後までやり遂げた。これまた川崎での評価を聞いてたからどんなものかと思ったけど、想像してたよりはずっといい。CBだけは、できればそろそろ固定したいところだな。今であればブルーノと誰を組ませるかのチョイスになる。モニといえどうかうかしてられないんじゃない?

終盤、相手に中盤を作らせないために運動量のある長友を2列目の右にそのまま入れたのには恐れ入った。先日の代表戦のイメージがあったのか知らん。札幌も最後は放り込むだけになって、その割にはこっちがバタバタして怖かったけど何とか無失点に抑えた。これは今後に繋がる勝利だ。

こんな風に、メンバーを固定せずその時々に応じた多様性を実行できるのは後々強みになっていくはず。誰が出ても息が合うぐらいに小平で一生懸命やればいいのさ。今はどんぐりの背比べかもしれないが、切磋琢磨して誰かが一歩抜け出れば、それは全体にも好影響をもたらすだろう。もうすぐエメもナオも戻ってくる。その時今ピッチにいる連中がポジションを守りきれるか、面白いじゃない。

さて、5節終わって2勝1敗2分は上々の出だしと言えましょう。ただし、上位に弱く、中位といい勝負、下位からは確実に勝ち点という昨年のパターンを踏襲しており、その意味で、対戦相手の順位なりの結果が得られれば順当という感じなのです。ということは、来週は絶対負けてはいけないということなのですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2008

ファンタジーサッカー08 第5節プレビュー

お金が増えないんできついっす。逆サポーロシステム発動で今回は我が軍中心で行きます。ホーム初勝利お願いしますよ。特に10番には気合を入れていただきたい。

【掟】
・浦和の選手は死んでも使わない。
・緑組の選手も死んでも選ばない。
・好きだから4バックにこだわる。
・当節の東京の対戦相手からは選ばない。
・10番は怪我などで出場できない限り必ず使う。出場できない場合は最低1人は東京から選ぶ。

GK 塩田(東京)
DF 徳永(東京)
   森重(大分)
   石櫃(神戸)
   岩政(鹿島)C
MF 青木(鹿島)
   今野(東京)
   10番(東京)
   マギヌン(名古屋)
FW 大久保(神戸)
   カボレ(東京)

sub 大竹(東京)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2008

東京V1-2磐田

ニッパ球も花見もほったらかしにして何やってんだと言われそうだが、仕方ないじゃないですか、会社の磐田出身の若衆が行きましょうと言うのだから。だって霞ヶ丘近いんだもん。敵情視察ってことで。

9,000人ちょっとの国立は寂しい限り。当然アウェー側で見たわけだけど、週中ナイターではるばる田舎から数百人の応援はご苦労様です。携帯で同時進行的にニッパ球の状況をチェックしながら、磐田オールスター的ピッチを傍観する。

開始早々、DFラインを破ってシウジーニョがゴール。あまりにあっけなかったんで拍子抜け。今年の緑は相当弱弱しい。そんなの関係ないって感じでピッチをてくてく歩く若頭が印象的(どこにいるかすぐわかるね)だった。やっぱりあれだけ動かんと城福サッカーにはフィットせんわな(ただ、おいしいところには必ず顔を出していた)。緑も反撃に出るも攻撃は単発。ドリブルで突っかけるのがちょっと怖いぐらいで組織的な攻めはほとんど見られない。

速報で36分塩田イエロー?何があった?扇谷だからやばいよなと思いつつ更新するもスコアが動いてないのでPKではなかったみたいと安堵する。

ピンクのウェアをまとった土肥ちゃんは2度ほど神セーブを披露。そこそこ元気。でも、ピンクは似合わないよ。

後半開始すぐに山瀬にやられたのがわかると気もそぞろ。更新スピードが上がる。あ、また入れられた…。目前のゲームに集中。

国立の方は、後半14分には名波登場。34分にはヨシカツのやっちゃった失点。終盤にはゴン投入で、G裏は最高潮。最後は若頭のドツキも飛び出して、ゲームとはまったく離れたところで見所満載でしたよ。

一方携帯の画面には3-0のスコアorz。前掛りになってカウンター食らうの図がもくもくと頭の中に浮かぶ。

なかなか、順調には行かないもんです。さて、翌週末は東京ダービー。ビジョンに告知Vを何度か流してたけど、盛り上がりはいまひとつ。フッキが復帰してどうなりますか。とりあえず、週末サポーロを確実に叩いてホーム初勝利してからダービーに臨みたいところですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2008

ファンタジーサッカー08 第3節レビュー

バレーはまだ眠いそうです。もうずっと寝ててもらいましょう。起きなくていいです。その方が我が軍も助かるし。
柏はちょっと不安があったんだな。サポーロにJ1復帰初勝利プレゼントしそうな気配はしてた。J2時代日立台では1敗しかしてないはずなんだけど、怪しかったんだよな。ちょっと悔いが残る。あとはまぁ、完全に選手のチョイスミス。ボロボロです。0(不出場)が2人もいては点になりませんわ。うちのヤングガンズの方がよっぽど働いとったよ。それにしても君たちカードもらいすぎ(計4枚で-8fp)。

GK 塩田(東京)…4fp
DF 古賀正(柏)…0fp
   河本(神戸)…0fp
   石櫃(神戸)…7fp
   阿部翔(名古屋)C…6fp
MF 大谷(柏)…2fp
   羽生(東京)…2fp
   小笠原(鹿島)…3fp
   小川佳(名古屋)…5fp
FW レアンドロ(神戸)…6fp
   バレー(G大阪)…6fp
Sub 李(柏)…2fp
   吉本(東京)…6fp
   大竹(東京)…7fp
合計47fp 通算180fp
4106位/9423 ローカルリーグ関東

で、今日はさすがに三ツ沢は無理です(うかつにもBS-iのライブを見落としてますたorz。Jsportの4/4(金)24:00までお預けです)。というか、会社の花見だったりする。
中2日ということもあるだろうが、ナオ、梶山の復帰、平山、佐原、森村起用なんてニュースが聞こえてくると、日曜とはまったく違ったチームになりそうだね。やるサッカーは変わらないだろうけど、その中でどれだけ個性を主張できるか、もらったチャンスを生かすように頑張れよー、特に平山。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2008

ノーカントリー

Nocountryforoldman_2  原題は「No country for old man」。殺し屋アントン・シガー役のバビエル・バルデムがオスカーを取ったこともあって、公開前は話題の中心から主役であるはずの保安官エド・トム・ベル役のトミー・リー・ジョーンズが完全に消えてしまっていた。しかし、この原題と映画を観終って、なるほどそういうことかと納得した。主題をきわだたせるためには、殺し屋シガーには徹底的にやらせる必要があったからだ。それでいて、この作品はやはり老保安官の物語なのだ。(ネタバレ)

Continue reading "ノーカントリー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »