« ファンタジーサッカー08 第6節レビュー | Main | 平城苑@有楽町 »

April 17, 2008

東京1-1磐田

さてさてさて。
もったいないゲームだったね。最後の最後、西が退場になって磐田の方が気持ちが吹っ切れたみたいに前へ出てきた。当然名波の存在がでかかったのだが、どうも押し込まれると、それをチームとして跳ね返す力がまだない。城福さんも采配についてはちょっと反省していたようだ。たぶん金沢の交代がポイントだったように思う。下衆な勘繰りをすれば平山に対する情けが仇になったということか。

事前情報では、おかぴょん、そりりんの代表監督2人が雁首そろえて見に来ていたらしいのだが、長友当確、平山落選は素人目に見ても明らか。長友は前半からジョーとどっちがサイドバックなんだというくらい高い位置に出て行って、見ているこちらが気持ちよくなるぐらい走りまくっていた。対する平山は、ポストの納まり具合、ハイボールの競り合い、足元、シュート(2本しか打ってないそうだ)、どれをとっても中途半端。数少ない決定機も決めきれない。ゲームに入る前、G裏が平山コールしているのに手も上げやしなかったのがすっごく気になって、本人相当思いつめていたのかなぁ、プレーに迷いがある感じがした。
さて、一方われらが10番はミスもいろいろあったが、やっぱり彼の独特の間こそが最大の魅力ということを再確認したよ。寄せられるから離せ!と思うタイミングでもワンテンポ抱え込むことで味方の上がりを促し、かつ相手の守備タイミングを微妙にずらしてパスを通していく。それが逆に引っ掛けられるといきなりピンチにもなるのだけれど、そのわずかなズレ、タイミング、リズムは何にも代えがたい。ミスも多いけど、指揮官たちが梶山陽平を使いたくなるのは実はこの辺にあるんじゃないだろうか。

あと、ゲーム中フラットな4-4-2になっていた時間があったんだけど、あれは練習でもやってるのかな。城福サッカーは懐が深い。名古屋とやるときが今からすごく楽しみです。

P.S.緑はメンバーちょっと変えただけで崩壊してしまった。こんなことだと来年はダービーなくなるかも。

|

« ファンタジーサッカー08 第6節レビュー | Main | 平城苑@有楽町 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/40904381

Listed below are links to weblogs that reference 東京1-1磐田:

« ファンタジーサッカー08 第6節レビュー | Main | 平城苑@有楽町 »