« 大国魂神社のしだれ桜 | Main | ノーカントリー »

March 31, 2008

東京3-3京都

おっと、そこはシジクレイ。くっそー、あのハゲ相変わらず邪魔だよな。
そんなこんなで開始2分に吉本が〝足〟でまぐれっぽく決めてゆりかご発進したときは「今日は収穫祭か」なんて期待しちゃいましたが、思いの他ハラハラどきどき展開になりまして、でも満足度は高かったですよ。最後はサリーをアンカーに入れて、今ちゃんを前へ押し出すという城福采配が見事はまりました。まぁ、トップスコアラーを前線に持ってくるのは至極当然ということなんでしょうけどw。
ただ、ゲームの主役は完全に大竹と吉本でした。
大竹はCKから2ゴールをアシスト。ゴール前のFKも平井のセーブがなければ決まってたスーペルなキック。シュートの思い切りもいいし、小僧が押し出されるのもわかりますがな。終盤エネルギー切れしてたけど、あれだけ動ければ十分。ナオ、エメの2列目に完全に食い込んだでしょう。
さて、問題は吉本。ゴールを決めたまではいいものの、本業では後手を踏む展開が多かった。田原に決められた一発は彼の技術によるところが大きいが、その前の一歩で押さえられていないのも事実。パスが弱かったり判断に迷うところもあって、気持ちが揺らいでいるのがプレーから見えてしまう。でも、モニがレギュラー定着しようかというときも確かこんな感じだったな。どうやら城福さんは若手への移行を決断したみたいだ。ただ、フジだって黙ってみているわけではないだろうから、死ぬ気でポジション守らないといけない。年代別の代表としてびびらず自信を持ってやることだよ。
最後まであきらめずに戦う姿勢を見せてくれているので、いつかは必ず結果がついてくることを信じて、とにかく今は見守りませう。
(マッスウはスルー。でも頑張れ)

|

« 大国魂神社のしだれ桜 | Main | ノーカントリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/40699789

Listed below are links to weblogs that reference 東京3-3京都:

« 大国魂神社のしだれ桜 | Main | ノーカントリー »