« 〝怪我〟の功名となるのか | Main | U-23日本代表1-1アンゴラ代表 »

March 27, 2008

バーレーン1-0日本選抜

阿部、中澤、今野!?の3バックに唖然。日本には本職のDFっていなかったんだっけ。もうここからして信用できないよな。ゲーム始まったら始まったで、DFラインから縦一本のつまんねー試合運び。アウェーでリスクを背負いたくないというのはわからないではないが、もう少し自信を持ってやったらどうなのかね、人もボールも(ry。本来であればそれだけの実力差はあると思うのだが、これだけメンバーが落ちちゃってるとそれも無理なのか。何とか前半までは見ていたが、案の定後半ウトウトし始めて、気がついたらいつの間にか1点入れられていて、松木の無駄にポジティブなコメントを子守唄代わりにそのまま眠ちまった。
まぁ、もともと代表のサッカーはリアリズム(結果)に支配されているから、エンターテイメントとしては、相当上のレベルでなければクオリティが伴っていかない。当然、日本はその領域には到底及ばない。わかってはいるけど、それにしても、だねぇ。オシムの方がまだワクワク感はあったよ。
今日の霞ヶ丘もお客は入らないんだろうなぁ。10番も平山もいないし、モチベーション0です。
にしても、10番の怪我が軽くてよかった。

|

« 〝怪我〟の功名となるのか | Main | U-23日本代表1-1アンゴラ代表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/40651067

Listed below are links to weblogs that reference バーレーン1-0日本選抜:

« 〝怪我〟の功名となるのか | Main | U-23日本代表1-1アンゴラ代表 »