« 怪我人出すな | Main | 目端の利く経営 »

January 31, 2008

チャイニーズ・ルーレット

とうとう、と言う感じですかね

命にかかわるような毒性の強い残留農薬が含まれているかもしれない冷凍餃子などが既に国内に数万トンも存在している事実。問題の冷凍食品は製品が特定されたので、市販されているものであれば我々でも弾く事ができるけど、業務用になるともう分からない。個人の店だとそこまで徹底できない事もあるから、悪意なく出てきてしまう事だってあるかもしれない。大手チェーンだってFCになればそのオーナーの考え方次第だから、以前のマクドナルドの賞味期限切れサラダ問題のような事もありうる。ロシアンルーレットよろしく、当たったらもうそれは運だと思ってあきらめるしかないぐらいの話だ。変な感じがしたらすぐ吐き出すぐらいしか身を守る方法はない。賞味期限切れでも食べられるかとか、もはやそんな話ではない。
残留農薬のチェックは原材料を入れるときにしかしていないという報道もあったが、それにしても製品化されたものを定期的にサンプルチェックするのはごく普通の事だと思うが、それすらやっていなかったということなのかな。身体に影響を及ぼすぐらいの毒性が製品になっても残っていると言う事は、常識的にはあまり考えられない。普通は混ざって希釈されるだろう。そうでなければ、もっと被害が拡大していてもおかしくはない。それが、特定の商品パッケージに集中して残っているのは、なんらか恣意的行為が加えられているのではないか、と考えざるを得ない。そうなると、これはもはや食品テロですよ。
中国製品のこうした安全性についてはこれまでも言われてきた事だが、結局コストの問題であり、企業の利益の問題なのだ。安くていいもの(安全性はもちろん)を提供しようと企業は日々努力している。しかし、どこかで緩んでいるのも事実。昨年に消費者から製品についておかしいというクレームがあったのに、販売元が適切な対応を取らなかったという話もあるし。あれだけ偽装問題で見てきているのにホントに学習能力がない。起こってしまってからは取り返しがつかないのに、懲りないと言うかなんと言うか。今回の件はおそらく「中国の問題」として扱われるだろうが、本質的にはその中国を使う企業の問題でもある。構造的な問題だ。さらにはこの際だから、「日本人を殺すつもりなのか、おたくらは」ぐらいの事を言って政府も徹底的にやってもらわないと困る。この手の話は氷山の一角ということでもあるので、食品にかかわらず中国から入ってきている全てのものに内在する問題として認識しておいた方がいい。

|

« 怪我人出すな | Main | 目端の利く経営 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/17907727

Listed below are links to weblogs that reference チャイニーズ・ルーレット:

« 怪我人出すな | Main | 目端の利く経営 »