« あけましておめでとうございます | Main | 今年のミロ »

January 02, 2008

チームの目標・クラブの目標

クラブミーティングで目標をどこに置くのかと言う話が出た。アマラオが言う「どんなチームも優勝を目標に戦う」というのは正しい。誰も最初から負ける事を想定して戦うわけではない。ただ、この発想は選手だからこそであって、クラブ経営の目標にはまた別の見方がある(「目標」とは別に「計画」を立てている場合もある)。それは順位で表現されるものでもない。収支が全てであり、今のJクラブの経営指標の中では有料入場者数が大きなウエイトを占めている。

優勝を目標とすればお客さんも増えるのか?それはまったく意味がないことはこの3年間でよくわかったはずだ。2007年1試合平均観客数は約1,000人増えた。原さんの復帰や福西、ワンチョペの加入などが期待感となって新旧ファン層を刺激したことは想像に難くないが、ホームであれだけ負け越しても増えたんだから、興行的には満足すべきだろう(そのために収支バランスを崩すべきだったかどうかはまた別の問題)。

おそらく、今の陣容ですぐに優勝できると思っているソシオはすくないんじゃないかな。じゃあ、今年中に結果を出せるだけの戦力を用意できるのかというと、それも難しいと思う。博打的な要素も多分にある(ちょぺ)。経営的に考えれば、優勝しなければ経営が成り立たないということはなく、実は“永遠の中位”という選択もある。そこは、おおっぴらに言うことはできないが、赤字問題、スポンサー問題などの言い訳を聞いたりすると中心にはそんな考え方もちらついて見える。しかし、その方針ではファンを惹きつけるには弱い。やはり観客はチームが勝つところ、強いチームを観たいと思うものだから。観客を増やしたいければ、やはりまずホームで勝つことだろう。2007年のホームの成績は満足いくものではない。少なくとも勝ち数と負け数は逆じゃないといけない。勝ちゲーム≒面白いゲーム(この表記は実は微妙なのだが、ムラバの言う大衆化という視点においては問題ないのかな)を見ればリピーターも増えるだろう。ヘビーユーザーが観客動員の75%を占めるという報告もあるそうだが(パレートの法則からすれば驚くことではない。むしろ当然と言える)、全体を底上げするにも新規の客を取り込んでいかないといけない。そのためには、新しいお客さんを引き込めるだけの話題性や動機を作り、またスタジアムに見に行ってみようと思わせるコンテンツ≒ホームでの勝利を提供する。その繰り返しを地道にやっていくしかないと思う。

ただ問題なのは、今年のような勝てないときにもスタジアムへ足を運んでくれる人たちを如何に多く作っていくかだと思う。2007年は確かに勝利以外の要素が数字を押し上げたわけだが、これがこのまま何年も続いていくとも思えない。ここで、前号のサカダイにおけるムラバの“大衆化”発言がすごく気になるわけだ。“サッカーの大衆化”がどんなイメージなのか、その真に意味するところはよくわからない。ただ、言葉面からは「どこにでもいるような普通の都民がサッカーをスタジアムに観に来るような状況」と受け取ることが出来る。そんなこと、あのクラブのサイズで本当に出来るのか?2002年があってもサッカーのマーケットはこんな状態なのに、そんなこと出来るはずないじゃないか、と思うのだ。大衆化ではなく、都内にまだ多く眠っているサッカーファンを掘り起こし惹きつけることが真っ先にやるべきことではないのか、と思うのだ。

いずれにしろ、スタジアムに通う中で「FC東京」のある生活が常態化し、クラブに対するロイヤリティが形成されるのであって、それは一時の成績や在籍選手に左右されるものではない。選手生命は一時だがクラブは半永久的な存在でなければならないからだ。クラブとしての魅力をどこに見出し創っていくのか。これまでは、カリスマであったりチームの戦うスタイルだったりお茶目なゴール裏だったりしていたわけだが、この先何をコアにして観客を増やしていこうというのか、そのビジョンすら打ち出せないままでは、結局選手の知名度・人気やチームの成績次第ということで終わってしまう。本当にそれでいいのか?

魅力あるサッカークラブとはどうあるべきかをしっかり定義して、そこを目標として着実に歩を進めてほしいのだ。クラブミーティングはもうやらないというならそれでもいい。クラブの一挙一動がその答えだと思って見ているだけだから。

駄目なら駄目で、その時はその時。

|

« あけましておめでとうございます | Main | 今年のミロ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/17413858

Listed below are links to weblogs that reference チームの目標・クラブの目標:

« あけましておめでとうございます | Main | 今年のミロ »