« December 2007 | Main | February 2008 »

January 2008

January 31, 2008

目端の利く経営

「金のどんぶり」マルハも自主回収 毒ギョーザ問題(産経新聞).
便乗と言ってしまえばそれまでだけど、これらに関する回収コストを広報費用として換算すれば、損な話ではないと思うんだよな。で、真っ先にやったもん勝ち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャイニーズ・ルーレット

とうとう、と言う感じですかね

命にかかわるような毒性の強い残留農薬が含まれているかもしれない冷凍餃子などが既に国内に数万トンも存在している事実。問題の冷凍食品は製品が特定されたので、市販されているものであれば我々でも弾く事ができるけど、業務用になるともう分からない。個人の店だとそこまで徹底できない事もあるから、悪意なく出てきてしまう事だってあるかもしれない。大手チェーンだってFCになればそのオーナーの考え方次第だから、以前のマクドナルドの賞味期限切れサラダ問題のような事もありうる。ロシアンルーレットよろしく、当たったらもうそれは運だと思ってあきらめるしかないぐらいの話だ。変な感じがしたらすぐ吐き出すぐらいしか身を守る方法はない。賞味期限切れでも食べられるかとか、もはやそんな話ではない。
残留農薬のチェックは原材料を入れるときにしかしていないという報道もあったが、それにしても製品化されたものを定期的にサンプルチェックするのはごく普通の事だと思うが、それすらやっていなかったということなのかな。身体に影響を及ぼすぐらいの毒性が製品になっても残っていると言う事は、常識的にはあまり考えられない。普通は混ざって希釈されるだろう。そうでなければ、もっと被害が拡大していてもおかしくはない。それが、特定の商品パッケージに集中して残っているのは、なんらか恣意的行為が加えられているのではないか、と考えざるを得ない。そうなると、これはもはや食品テロですよ。
中国製品のこうした安全性についてはこれまでも言われてきた事だが、結局コストの問題であり、企業の利益の問題なのだ。安くていいもの(安全性はもちろん)を提供しようと企業は日々努力している。しかし、どこかで緩んでいるのも事実。昨年に消費者から製品についておかしいというクレームがあったのに、販売元が適切な対応を取らなかったという話もあるし。あれだけ偽装問題で見てきているのにホントに学習能力がない。起こってしまってからは取り返しがつかないのに、懲りないと言うかなんと言うか。今回の件はおそらく「中国の問題」として扱われるだろうが、本質的にはその中国を使う企業の問題でもある。構造的な問題だ。さらにはこの際だから、「日本人を殺すつもりなのか、おたくらは」ぐらいの事を言って政府も徹底的にやってもらわないと困る。この手の話は氷山の一角ということでもあるので、食品にかかわらず中国から入ってきている全てのものに内在する問題として認識しておいた方がいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2008

怪我人出すな

昨季の出遅れが茂庭の怪我だっただけに、今年ばかりは何とか怪我人なしで開幕を迎えて欲しいと思っていた矢先の怪我人発生。しかもDF強化の目玉である青野さん。練習試合中でのコンタクトによるものらしい。にしても韓国のチームは荒いな。確かにイタリヤなどでは練習から生き残りをかけてガツガツくるという話をよく聞いたりするけど、韓国はただ乱暴なだけなんじゃないか。この時期にやる相手として果たして適切だったのかどうか。もうこれ以上は勘弁だね。

さて、インチョンとの練習試合のレポートを見ると、いろいろ試してみたいという城福さんの意志が見えてくる。ユウスケの左だったりジョーのボランチだったり。この時期なんでメンバーは固定できるはずもないが、システムは4-2-3-1を基本とする模様? ただ、懸案の外国人FWがどうなるかにもよるのかな。
いずれにしても、今季のチーム構成は梶山、今野、羽生の中盤トライアングルをコアに、どう周囲を繋いでいくかという感じになるのではないかと思う。当然3人が代表戦で抜けたときの対応も含めて、どんなメンバーが入っても一定以上のパフォーマンスが引き出せるようなチームになれば理想的。その意味で、特にU20の選手たちには期待したい。今年のPSMは行けそうにないが、形になったものを早く見てみたいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2008

蹴り染め

蹴り染め

今週はスキーをお休みして、今季初サル。

先週こけた時にアバラいってたかも。呼吸が厳しくなると痛みが走る。

閑話休題、昨日はノビタ丸の初ゲームだったみたいだけど完全スルーでした。出場は羽生だけ。でも、まだうちの人って感じがまったくないので反応しようもない。ただ、今回の代表召集の中で今ちゃんと羽生がいろいろ話し合っててくれるといいなぁ、と。城福さんは城福さんで、“ラブリー・フットボール”とか言い始めてるし。動き始めてます。

Are you lovely?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2008

4年目突入

これほど続くとは、自分でも意外。
まぁ、FC東京の観戦記をみっちり書くのがめんどくさくなって*1ブログに逃げたという事情もあったんで、止めるにやめられなくなったと言うこともあるのだが*2、こうして書き続けてもなかなか書くことが楽しいと思えるようにならなくて、文章力を高めるという思惑も達せられぬまま今日に至る。

…でも、止めたら独り言が増えそうなので、“ゲームのない日々の埋め方”がパターン化してきている事を自己批判しながら、このブログはまだズルズルと続きます。

*1 04年までは生観戦分+αはまじめに観戦記を起こしてある。
*2 自分としては東京というチームとの関係性を示す何かを残したかった。観戦記はその意味において結構重要な存在だった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 22, 2008

ムービングサッカー

観戦友達によれば、ガーロのポゼッションサッカーは、選手をゾーンで捉え、その受け渡しの中でリスクを押えてボールを前に運ぶものだったらしい。その話を聞いて、サッカー盤ゲームじゃないんだから、その理屈の実践にはもとから無理があるんじゃないかと思った。で、城福サッカーも目指すはポゼッションサッカー。人も動くことでボールを動かしポゼッションする、所謂「遅攻」を目指そうとしている。目指す形は同じでもアプローチは全く違うことになりそうだ。今度こそ、の想いは強い。

実現に向けては、オシムサッカーの例を取るまでもなく「サッカー脳」と「運動量」が不可欠。日本(代表)サッカーが目指そうとしているところに近く、その辺も今ちゃんの移籍を押しとどめた理由に違いないだろう(今週のサカダイ今ちゃんインタビューによれば、城福さんからは会談中に慰留の言葉はなかったとのこと)。

キーワードとすれば「機動性」だろうか。城福さんが選手に対してポリバレントを要求するのは、スタメンで複数のポジションを任せられると言うことではなく、動き始めたゲームの中で、その時々に置かれる状況に応じたポジショニングとプレー選択が高いレベルで実践できると言うことだと思う。それができなければ「ムービング」はできようはずもない。後ろの人間が前へ飛び出し、空いたスペースを前の人間が埋め、ピッチ全体に人の渦巻きが発生する。05年の千葉や嵩にかかったときの川崎のように(あるいは往年の磐田のように)、あとから後から人が沸いて出てくるような分厚い攻撃。

うーん、見てみたい。そして動かされてみたいw。

ガーロサッカーは理想だけが一人歩きして方法論が全くついていかなかったが、城福さんは完成させてくれるだろうか。先は長そうだが、少なくともU17を世界の舞台まで引っ張っていった人だ。若い選手たちを育成しながらと言うことも含めて期待は膨らんでいく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2008

そして、新たなる王は降臨す

9と11が空白のまま発表される新体制(見切り発車)。

しかし、その間に挟まれるエースナンバーをあの男に託す時がついにやって来た。

一つの時代が始まることを信じて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2008

憂太の出奔

いや、こうして発表されてみて、初めて千葉サポの気持ちが分かる気がする。これが立て続けに5発も来たら、そりゃしばらくは放心するしかないよな。

Continue reading "憂太の出奔"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2008

若月@新宿 思い出横丁

月曜、火曜と名古屋出張。新宿で指定席を押さえながら、新幹線に乗る前に昼飯でもと思っていたところ、突然若月の焼きそばが頭に浮かんだ。ゆっくり食っている暇はなかったんですぐさま思い出横丁へ。ちょっと前、会社のコと『思い出横丁』の話をしていた時に『若月の焼きそば』がでてきて、それを思い出したのだ。

店先の鉄板ですでに焼いてあるものをちょっと温め直すおばちゃん。平打ち不揃いの麺はこげているところもあり、食感にデコボコがある。細切りキャベツともやしも麺の固さを強調しているに過ぎない。食べ進むと結構あごに来る。所謂屋台の焼きそばとはまったく異なるのだが、350円の値段(大盛りは400円)からしてジャンク焼きそばの王様と言ってもいいだろうと思う。いや、この焼きそばをつまみに昼真っから日本酒の冷を何本も頼むおばちゃんとかがいるこの店こそジャンクの王道と言うべきか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2008

大詰め?

羽生伊野波が正式発表。ついでにエバウドも。

ただ、ここに来て名古屋の大森も来るとか来ないとか

そりゃ、例年になくボコボコのゲームが多かったけど、何もこんなに一気に取らなくたっていいんじゃないですかねぇ。茂庭、藤山、ブルーノ、佐原、大森、長友、徳永、金沢、吉本、小山、椋原の11人体制。07年の9人から2名増と頭数は増えている。椋原、吉本はこれからの人材としても、即戦力クラスでは内容的には去年よりはるかに充実しているから、競争は厳しくなりそうだ。こりゃモニも大口叩いてるバヤイじゃないな。

MFは羽生が加入して頭数的には行って来い。ただ、下田、大竹が行きなりレギュラーとも思えないので実質的には2名減。さらに、FWはルーコン、コザ、リチェ、信男さんの4抜けに対してユースケが戻ってきただけ。赤嶺も怪我してるし。オイラが「今季は平山と心中だーっ」て言うと、「それじゃ俺はユルネバは絶対歌わない」といって怒る人がいるもんだから、何とかもう二枚ってことになりませんかね。この面子で、どうやって攻撃的なサッカーをするのだろうか疑問と言うか不安。絶対隠し玉があると思うんだけどなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2008

スキーについての雑記

スキーを本格的に再開して3シーズン目に突入するわけだが、すでに滑走日数は6日を数え、とりあえず全日そこそこのコンディションで滑れている。ただ、昨日の午前中も雨が降ったように全体的に暖かい冬という印象が強く、雪の降らない日が続くと気温が高くて解けてしまい、すぐ地面が露出してしまうみたい。岩鞍も土が見えている場所が何箇所かあった。今日明日の低気圧の発達でまた相応の積雪は見込めるが(今日は本当に寒かった)、今回の雪はどこまで持つのやら。

Continue reading "スキーについての雑記"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2008

東京卒業生も大異動

▼佐藤由 柏→仙台
▼宮沢  大分→仙台(レンタル)
▼三田  新潟→湘南
▼星    京都→栃木SC
・松田正 TDK→栃木SC
・尾亦   湘南→C大阪
レベルキープが松田とオマちゃんだけ、上のカテゴリーに復帰できたのは0人と寂しい限り。
仙台は岡山も完全移籍で獲得して捲土重来を期している。宮のロングフィードにゆっキーが右サイドを駆け上がるなんて、まるっきり2002東京の再現だな。02年の開幕戦(対鹿島)の先取点みたく、びしっと決めて欲しいもんだ。
星と松田は幸一さんとこだな。メンバーを大量に入れ替えているだけに、幸一さんの意向が強く働いての移籍だろう。望まれていくんだから、その期待にこたえないとプロじゃない。
そしてオマちゃん。この移籍は吉ではないかな。活きのいい若手が揃っているし、こちらも来年J1復帰を狙える。既に若手の域は出たんだから、自覚を持ってやんないとな。
とにかく、みんな下がってばかりでなく、新天地で意地見せろって感じだよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 10, 2008

ストーブリーグ終盤戦

いろんな噂が正式発表になってますな。
出て行くのが先に発表されて、入ってくるほうが表になってないので不安視する向きもありますが、前任者のやっている事を否定してかかる、大企業系の人事異動によくありがちな光景。たいした問題じゃないし心配することもない(本気で優勝するつもりなら別ですが)。原さん時代、選手を使いきってないなぁと思うことがよくあり、在籍選手を掘り起こす(成長を促す)意味でも、城福さんにはこれまでとは違う東京を見せて欲しいと思ってマス。
ただ、流石に部分的に手薄なところはあるんで、あと一手二手、城福スタイルにフィットする選手を豊富なwwww移籍金を使って補強してくれるのではないかとひそかに期待(ヤッパ赤字補填に回されちゃうのかなぁ)。コザや森村など若手はいるから、前で動ける中堅クラスがもう一人ぐらい欲しい。羽生はどうなっているのだろうか。ワントップで行くなら、平山、赤澤、近藤の3人に競わせるのはいい。下手にスタメン当確の外人FWなんか入れないほうが良いんじゃないかと思う(個人的には平山心中論に傾きつつあるのだが…)。
そういや佐原の川崎での経歴見たけど、ケガで結構苦労してたのね。よくクビにならなかったな、と別の意味で感心。 でも、外様に押し出されて京都に行くマッスゥってどうなのよ。移籍金の問題だけで、ほとんど構想外を通告されたようなもんだろう。やっぱり彼には4バックのCBは難しいのかねぇ。後がないと思って、今度こそ京都で見返すぐらいやって欲しいなぁ。
伊野波、ノリオ、リチェ、よしろうもそうだけど、選手としていまひとつ何かが足りないのよ。それは教えられるものじゃなくて、自分で気づいて獲得していくものなんだな。昨年も、出て行ったものの、行った先でもパッとしないのがほとんどだった。出て行く以上は、失敗したとフロントに思わせるぐらい活躍して欲しいもんだよ。

それにしても、水野のセルティックはビックリしたね。
ノリオのフランスはさらにビックリだけど。

OUT
□原ヒロミ→ご本人は海外移籍希望
◎土肥 →東京V
◎福西 →東京V
□川口 →大分
◎八田 →横浜FC
◎エバウド→サントスFC(レンタル)
・[伊野波] →鹿島(レンタル)
◎ルーカス →G大阪
◎リチェーリ →山形(レンタル)
◎阿部吉 →湘南
◎増嶋 →京都(レンタル)
・鈴木規 →神戸?08年は残留して6月フランスか?
IN
◎下田(秋田商業)
◎廣永(U18)
◎椋原(U18)
◎大竹(U18)
◎長友(明治大学/在学中)
・カルボ(慶南)→慶南と既に契約更改?
・水本(千葉)→残留濃厚
◎近藤祐(神戸・レンタル終了復帰)
・ブルーノ・クアドロス(札幌)
◎佐原(川崎・レンタル)
・羽生(千葉)→微妙?
◎荻(大宮・レンタル)

追記:1/10現在ブルーノ・クアドロスも正式に発表されました。30なんだね。もうちょっと若いのかと思ってた。だったらジャーンはなんだったのか、やっぱりちょっとチグハグ感は拭えない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2008

オブリガード ルーカス

まぁ、やっとオフィシャルで発表されたわけですが、この4年間粉骨砕身でほんとに献身的に働いてくれました。思い出として真っ先に思い起こされるのは、2005年の日産スタジアムの救急車騒ぎ。ほんとにG裏からみんなで祈るようにコールしてましたっけ。
レンヌから東京に来たのは、FWとして働きたかったからというルーコン。でも、ワントップではなかなか前を向けず、トップ下では攻めを組み立てることで手一杯になり、本来彼が目指したプレーは、もしかしたら東京では実現できなかったのかもしれませんね。でも東京側から見れば、ストライカーとしては正直物足りなかった。ここぞと言うときの決定力やヘッドの強さとか。東京のトップスコアラーであることは確かだけど、失ったチャンスも相当あった。
東京の4-2-3-1からおそらくガンバの4-4-2に変わったとき、彼がどんな仕事をするかは非常に興味があります。当然、FWにボールを供給する選手たちのクオリティが全然違うので単純な比較はできないでしょうが、それでもルーコンが東京在籍時以上に点を決めることができるのならば、それは東京が使いきれていなかったと言うことですよ。特に、前線からプレスをかけるスタイルの東京ではスタミナ消耗が激しい。だから、ここと言うときの体力的な余裕からくる判断だったりボールコントロールだったりが微妙に狂ったのかもしれないとも思うのです。
いずれにしても、ルーコンの人柄の良さは疑う余地もなく、その献身的なプレーは大阪のファンも魅了することでしょう。あとは、彼のFWとしての能力があんなものなのかどうなのか、新天地で我々にも証明して欲しいもんです。

頑張れルーカス、ありがとうルーカス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2008

うめでんのカツ丼@尾瀬岩鞍

カツ丼@うめでん

ゲレ食でこのレベルはミシュラン3つ星クラスですよ。

肉厚の豚肉は柔らかくてジューシー。これで850円は奇跡的です。

カツ煮はビールのつまみとして単独で食べてもよし、残った煮汁の染み込んだご飯は、うめでん特製の青唐味噌をちょっとのせて、白菜のお漬物で包んでいただくのがオイラ流。朝からまじめに滑っているから、カロリーも気にしないでいいし、美味しさもひとしおです。

うめでん万歳。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2008

今年のミロ

今年のミロ
元気ですが、耳が悪くなったそうです。

今年もよろしく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2008

チームの目標・クラブの目標

クラブミーティングで目標をどこに置くのかと言う話が出た。アマラオが言う「どんなチームも優勝を目標に戦う」というのは正しい。誰も最初から負ける事を想定して戦うわけではない。ただ、この発想は選手だからこそであって、クラブ経営の目標にはまた別の見方がある(「目標」とは別に「計画」を立てている場合もある)。それは順位で表現されるものでもない。収支が全てであり、今のJクラブの経営指標の中では有料入場者数が大きなウエイトを占めている。

優勝を目標とすればお客さんも増えるのか?それはまったく意味がないことはこの3年間でよくわかったはずだ。2007年1試合平均観客数は約1,000人増えた。原さんの復帰や福西、ワンチョペの加入などが期待感となって新旧ファン層を刺激したことは想像に難くないが、ホームであれだけ負け越しても増えたんだから、興行的には満足すべきだろう(そのために収支バランスを崩すべきだったかどうかはまた別の問題)。

おそらく、今の陣容ですぐに優勝できると思っているソシオはすくないんじゃないかな。じゃあ、今年中に結果を出せるだけの戦力を用意できるのかというと、それも難しいと思う。博打的な要素も多分にある(ちょぺ)。経営的に考えれば、優勝しなければ経営が成り立たないということはなく、実は“永遠の中位”という選択もある。そこは、おおっぴらに言うことはできないが、赤字問題、スポンサー問題などの言い訳を聞いたりすると中心にはそんな考え方もちらついて見える。しかし、その方針ではファンを惹きつけるには弱い。やはり観客はチームが勝つところ、強いチームを観たいと思うものだから。観客を増やしたいければ、やはりまずホームで勝つことだろう。2007年のホームの成績は満足いくものではない。少なくとも勝ち数と負け数は逆じゃないといけない。勝ちゲーム≒面白いゲーム(この表記は実は微妙なのだが、ムラバの言う大衆化という視点においては問題ないのかな)を見ればリピーターも増えるだろう。ヘビーユーザーが観客動員の75%を占めるという報告もあるそうだが(パレートの法則からすれば驚くことではない。むしろ当然と言える)、全体を底上げするにも新規の客を取り込んでいかないといけない。そのためには、新しいお客さんを引き込めるだけの話題性や動機を作り、またスタジアムに見に行ってみようと思わせるコンテンツ≒ホームでの勝利を提供する。その繰り返しを地道にやっていくしかないと思う。

ただ問題なのは、今年のような勝てないときにもスタジアムへ足を運んでくれる人たちを如何に多く作っていくかだと思う。2007年は確かに勝利以外の要素が数字を押し上げたわけだが、これがこのまま何年も続いていくとも思えない。ここで、前号のサカダイにおけるムラバの“大衆化”発言がすごく気になるわけだ。“サッカーの大衆化”がどんなイメージなのか、その真に意味するところはよくわからない。ただ、言葉面からは「どこにでもいるような普通の都民がサッカーをスタジアムに観に来るような状況」と受け取ることが出来る。そんなこと、あのクラブのサイズで本当に出来るのか?2002年があってもサッカーのマーケットはこんな状態なのに、そんなこと出来るはずないじゃないか、と思うのだ。大衆化ではなく、都内にまだ多く眠っているサッカーファンを掘り起こし惹きつけることが真っ先にやるべきことではないのか、と思うのだ。

いずれにしろ、スタジアムに通う中で「FC東京」のある生活が常態化し、クラブに対するロイヤリティが形成されるのであって、それは一時の成績や在籍選手に左右されるものではない。選手生命は一時だがクラブは半永久的な存在でなければならないからだ。クラブとしての魅力をどこに見出し創っていくのか。これまでは、カリスマであったりチームの戦うスタイルだったりお茶目なゴール裏だったりしていたわけだが、この先何をコアにして観客を増やしていこうというのか、そのビジョンすら打ち出せないままでは、結局選手の知名度・人気やチームの成績次第ということで終わってしまう。本当にそれでいいのか?

魅力あるサッカークラブとはどうあるべきかをしっかり定義して、そこを目標として着実に歩を進めてほしいのだ。クラブミーティングはもうやらないというならそれでもいい。クラブの一挙一動がその答えだと思って見ているだけだから。

駄目なら駄目で、その時はその時。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2008

あけましておめでとうございます

大晦日はヒョードルの復活にすげぇ、やべぇを連発し、今日は鹿島のリアルサッカーに打ちのめされ、結局自分は昨日から食って飲んでばっかり(これからも飲みに行くのだが…)。男でも体重計に乗るのを躊躇する瞬間はあるが、とりあえず3日からのミニ合宿までは、自分自身に目を瞑ってしまおう。

今年は、今の仕事を何とか形にすることが当面の目標。やっぱり目標って大事だなと思う。少し高めに置くことで、そのためにどうすればいいか考えるし、自分もちょっとは努力しようと思う。

平和で健康で楽しい日々を送れるように、今年も頑張りましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »