« ファンサカから見る07シーズン | Main | ボケンセ »

December 10, 2007

鳥栖1-2FC東京

土曜日は忘年会だったので、完璧に情報遮断して録画観戦。

立ち上がり鳥栖の動きのよさに翻弄されゲームにならず。いいように振り回されて先制されたところを見たら、“まさか”の3文字が頭をよぎったが、その後押し返して、久しぶりに陽平の見事なミドルで同点に追いつく。押さえつつ軽く右アウトで打ったシュートは右上隅に吸い込まれる。まさに“気持ちいいー”。負けたとしても、これだけでお腹一杯の一発だった。

後半は前半飛ばしすぎた鳥栖の動きが鈍くなり、中盤が機能しなくなると東京の時間帯が増えていく。その中で平山投入。決勝点は、確かにいいところにいるということではあるのだが、あの左足のシュートは相当振りぬきの早い強シュートで、平山のパワーとテクニックの結晶のようなものだった。やはり平山はフィニッシャーなのだ。あまり要求の多いサッカーは馴染まない。その意味であのタイミングでの平山はいい選択だったわけで、原さんも吹っ切れたのかここに来ていい仕事ができているのはなんとも皮肉的。ただ、モニもまだ不安定だし、ノリオのSBは完全に狙われていた。安心してみていられるほどではない。元旦への道のりはホント険しいと思うよ。

さて、J2の中位ぐらいだと、やはり選手個人のフィジカルとテクニックにかなり差がある。だから、後半になるとスタミナの差で運動量やプレー精度で差が出てきてしまう。しかし、J2の上位ともなるとその差は僅かだ。入れ替え戦2ndLegも同様に情報遮断して観たのだが、J1経験があるチームであればほとんど差はないように思えた。ということは、監督がどんな戦略で挑み、チームに勇気を与えることが出来るか、その辺が勝敗を分ける大きなポイントになるのではないかと思った。1stLegは観なかったのだが、加藤久監督は、2戦目守備的な3-5-2から、前半の修正で4-4-2にシフトして広島の両翼を押さえにかかり、さらに4-3-3と攻撃的布陣を取ることで勝って昇格という意識をチームに浸透させる。本当に気持ちの強さとともに、パウリーニョなどのタレントをフルに活かした戦い方を貫いた京都が昇格を勝ち取った。対する広島はチャンスを作りながらバー2回ポスト1回に嫌われ無得点に終わった。稼ぎ頭のウェズレイも不発で、ゲーム半ばでピッチを去った。1stLegに奪ったアウェーゴールで光明が見えたかに思ったが、結果は0-0。各年代の日本代表メンバーを連ねながら最後の最後まで機能しなかったチーム。おかしい、こんなはずでは、の繰り返しだったのだろう。なぜ勝てないのか、その原因を分析し適切な対応をしなかった指揮官の責任は重い。広島は来年長いJ2のシーズンが待っている。これから代表級の選手は引き抜き攻勢に合うだろし、1年で戻れる保証はどこにもない。

観ていて、今の東京だったらこのプレッシャーには耐えられないだろうなと思った。他山の石。来季の編成が不安だ。

|

« ファンサカから見る07シーズン | Main | ボケンセ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/17325945

Listed below are links to weblogs that reference 鳥栖1-2FC東京:

« ファンサカから見る07シーズン | Main | ボケンセ »