« CWC開幕 | Main | 鳥栖1-2FC東京 »

December 09, 2007

ファンサカから見る07シーズン

チーム内にポイントの高い選手(シーズン平均)がどれだけいるかをカウントしてみた。
優勝 鹿島 7fp以上 2人
         6fp以上 7人
2位 浦和  8fp以上 1人
        7fp以上 2人
        6fp以上 6人
3位 G大阪 9fp以上 1人
        8fp以上 1人
        7fp以上 5人
        6fp以上 5人
12位 東京 6fp以上 1人(今野)

orz
圧倒的(にだめ)じゃないか、我が軍は。

勝利と得失点(あとカードの枚数)がポイントの構成要素として大きいので、勝っているチームのメンバーが高くなるのは当たり前にしても、これだけ差があれば結果は押して知るべし。やはり、ボールを扱うだけでなく、オフザボールの動き方も含めてトータルのポテンシャルがうちの選手は低かったと言わざるを得ない。ただ、その中でも、個人プレー中心に与えられるボーナスポイントは今野が58fp、陽平が46fpとチームの中ではダントツで、他チーム横並びで見ても結構いい数字なのだ(これがヤットだと107fpとそれこそダントツになる)。東京は今ちゃんと陽平で持っているようなもんだと再認識。
さて、その今ちゃんに劣頭がオファーを出した模様。福西を放出して背水の陣を敷いて臨んだものの、やはりより高いレベルでサッカーをすることへの欲求を押さえ込むことはできなかったようだ。彼が求めるものが東京にない以上、出て行くことは仕方ないと思うけど、少なくとも赤いユニは着て欲しくないな。
唯一の6fpプレーヤーが抜けたら、一体来季はどうなることやら。

|

« CWC開幕 | Main | 鳥栖1-2FC東京 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/17295992

Listed below are links to weblogs that reference ファンサカから見る07シーズン:

« CWC開幕 | Main | 鳥栖1-2FC東京 »