« Jの格差社会化 | Main | FC東京1-1G大阪 »

November 18, 2007

U-22ベトナム代表0-4U-22日本代表

まず、オシム爺さんの無事を祈ります。

病気が病気なので、助かったとしても何らかの障害が残ることを覚悟しなければならない。いずれにしても、もう監督業のようなストレス漬の生活からは解放してあげるべきだと思う。後のことは残されたものが考えればいいこと。直すことを最優先に考えてください。

さて、彼の教え子も頑張っていた五輪組。5点は欲しいと思って見てましたが、まぁあの1点が最後にどう響いてくるかは神のみぞ知るですが、よくやったと思いますよ。いろんなモチベーションが重なって、チームとしてのゲームコントロールはまだまだ稚拙(伊野波のファウルとか横パスとかホント見てて心臓に悪い)にしても、勝ちたい気持ち攻める気持ちはこれまでで一番感じられたゲームでしたね。肝心なところでルーツの異なる李が決めるというのもなんとも運命的な感じです。

ホームのサウジ戦を残すのみとなりましたが、とにかく勝つしかないわけで、そのための準備をして欲しいです。この後のサウジvsカタール戦、引き分けで終わるのが最良のシナリオな訳ですが、サウジが勝ちそうな気がします。そんな気がします。なんとなくです。

追記:サウジアラビア2-1カタール。楽させてはもらえないですね。ただ、自分達の力で決めることが出来るんだから、言い訳なしで北京への道を切り開いてもらいましょう。陽平間に合っちゃうのかな。

|

« Jの格差社会化 | Main | FC東京1-1G大阪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/17104340

Listed below are links to weblogs that reference U-22ベトナム代表0-4U-22日本代表:

« Jの格差社会化 | Main | FC東京1-1G大阪 »