« クワイエットルームにようこそ | Main | 火の国らーめん てっぺん@市ヶ谷 »

November 24, 2007

FC東京1-2大宮

さてさてさて。

今シーズンを象徴するようなゲームだった。

3列目、4列目からの追越がないので、敵の設定したオフサイドラインをなかなか突破できなかった前半。後半に入って電池切れした小僧がアウトし、平山が入ったのに平山大作戦は発動せず、チグハグな攻めを繰り返す。DFでは、今季の補強メンバーである八田がなぜトップのピッチに登場しなかったのか、その理由がこのゲームで明らかになり、さらにその綻びを繕うつもりで投入した伊野波も千切られる悪循環。徳を中に入れて右SBにするのかと思ったら、そのまま入れちまいやんの。弱いところがまったく補強されず、膠着したゲームを打開する采配もない。攻撃以上に守備が課題だったのに、最後の最後まで改善できなかった。

大宮のサポーターはみんな笑ってたね。一方ホームのサポは複雑な顔だ。最後の挨拶に対して、拍手すべきなのか躊躇した自分がいた。土肥にはお疲れ様、福西にはありがとう、原さんにはちょっと気の毒だったところもある(少なくともサポーター側にもその責任の一端はあると感じているのだ)。いずれにしても、チームはナビスコの決勝から一歩も動いていない。唯一藤山だけが毎年OSをバージョンアップしパッチを張りつつ、メモリを増設し、ソフトをいくつも買い足して、いま5GBぐらいになっている。我々も保守的になっていては始まらない。来年に向け新たな冒険を求めなければいけない。

いくら相手が大宮とはいえ、3連休の真中とはいえ、ホームの最終戦にもかかわらず2万ちょぼちょぼ。これが今のFC東京というチームの価値なんだ。フロントはこのことをしっかり認識すべきだろう。いくらスタッフが街頭に駅頭に立ってチラシを配り呼びかけしたって、肝心のコンテンツがこれでは集まるものも集まらない。

オシムもこう言っている。

“チームの個性を確立させた、いいプレーを見せること。”

“いいサッカーを見せるのが先。自然にスタジアムへ人が集まる。”

「優勝」とか「常勝軍団」とか偽装表示のようなことを言うより、ただただいいサッカー、面白いサッカー、楽しいサッカーを見せてくれ。

|

« クワイエットルームにようこそ | Main | 火の国らーめん てっぺん@市ヶ谷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/17175704

Listed below are links to weblogs that reference FC東京1-2大宮:

« クワイエットルームにようこそ | Main | 火の国らーめん てっぺん@市ヶ谷 »