« U-22ベトナム代表0-4U-22日本代表 | Main | 2008年席割り »

November 19, 2007

FC東京1-1G大阪

久しぶりに萌えた。面白かった。やっぱりこのチームにはユータと陽平がいないと駄目なんだ。チームのリズムを作り出せるのはこの2人しかいないのです。
前半、ルーカスがボールを欲しがり下がってくるので、結局サイドで受けて自分がクロスを上げる役回りになってしまう。持ちすぎてボールが回らず、自分たちのリズムがなかなか作り出せないもどかしさがあった。ところが、ユータが入った後半は一転してルーが前線に張り付きユータといいコンビネーションを披露していた(ホント相性良いなこの2人)。中盤のスモールスペースを見つけて入って行っては起点となってチーム全体を動かしていく。まさにチームとしてリズムをつくっていたのはユータだった。そして、陽平。ここまで回復していたとは驚くしかないのだが、ゲームの入りはちょっと感覚が戻ってないところもあったが、次第に慣れてくると鬼キープを披露したり、ボーとしてたノリオに向けて矢のような横断パスを繰り出してみせる。やはりものが違う。ガンバが70分過ぎからなぜか及び腰になってあまりプレッシャーをかけてこなくなったせいもあるのだが、前線でキープでき始めると徳とジョーも前へ出て行くことができるわけで、同点もジョーのオーバーラップによって引き出された。徳も目の覚めるような積極的な上がりを見せたし、攻めのダイナミズムがモニの退場をきっかけにしているところは何とも皮肉的だ。11人で最初からこれができればねぇ…。なんか、来年の予告編を見せられているようで。またクラブの思う壺だな。
守備の面では、中盤不用意に取られてカウンター気味に来たときの最終ラインが問題だったわけで、このゲームでもモニは軽く千切られてた。一発退場の判定には納得は行かないが、マグノの得点シーンにしても、モニのディフェンス勘は鈍ったままって感じがする。怪我明けで感覚がまだ戻ってきていないのか、フィジカルの問題なのか、それとも本人の能力限界の問題なのかは分からない。でも、このままでは移籍とか云っても誰にも相手にしてもらえないし、もう一度、自分のプレーを素直に反省して欲しいぞ。今でも東京のディフェンスリーダーであることは間違いないんだから。
一方、ガンバは今年も味スタで勝手にこけちゃったな。ユータのすり抜け阻止や今野の引き倒しなど、モニに対する一発赤紙を基準にするなら明らかにPKのプレーも流すなど、どう考えてもガンバ勝てよ光線だしまくりのレフェリングにも応えられず、バレーの大ブレーキとシオの神がかりセーブで引き分け。後半途中からは10人相手に引くようなところも見られて、なんとういうか、すごく淡白な試合運び。優勝への執念というかねちっこさが全く感じられなかった。来年のACL出場権も取ったし、浦和との勝ち点差も頭にあって、どこかで“まぁいいか”的な気分が選手の中にあったのかもしれない。引き分けは妥当ということろですかね。
さて、ホームは大宮戦を残すばかり。久しぶりの反省会参加も、話題はすでに来季構想(福西CBコンバートとかw なんていってるうちに放出ですか。早っ)。あと、甲府が0-0で分けてしまったので(次の柏戦(A)で勝たないとほぼ終戦)、最終小瀬は行く方向で検討します。

|

« U-22ベトナム代表0-4U-22日本代表 | Main | 2008年席割り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/17118728

Listed below are links to weblogs that reference FC東京1-1G大阪:

« U-22ベトナム代表0-4U-22日本代表 | Main | 2008年席割り »