« FC東京1-1G大阪 | Main | ファンタジーサッカー第32節 »

November 20, 2007

2008年席割り

年チケの案内来ましたよ。

今回のバックスタンド上層年間指定化の懸念点は、アウェー側に振られた人の問題。当然ホーム側から埋めていくとは思うが、中央部で観戦希望の人も多く、その調整をどのような基準でするのかが不明なだけに、メインのSS/SAよりクレームの発生が多い気がする。特に劣頭戦はUがかぶることは間違いなく、もしSB指定に多数応募があったとしたら、真後ろにレッズコールを聞きながら観戦しなければならないという恐ろしい状況も想定される。その意味でバッファーとなるSCはアウェー側に設置されるものではないのだろうか。本来であれば、今年のSB指定エリアの中央の前部を指定化し、申込み状況を見ながら上下左(メインから見て)に拡大していくべきではないかと思う。実際申し込み状況が見えないので、SBは避けておいたほうが無難なような気がする。Uでセンターで見られるし。どうしてもというのであれば、「絶対中央」とか「ホーム側じゃないとキャンセル」など脅し文句を添えて申し込まれるべきかとw。

さて、クラブは本格的に来季モードに入っている。ホーム最終戦に合わせて(?)、さよならするメンバーの選出すら始まってしまっている。チケットのプロモーションをかけるにはいささか早すぎやしないか。しかも内容的にはモチベーション下げる話題ばっかだし、まだリーグ戦は2節も残っているわけだし(天皇杯も)、何をそんなに焦っているんだろうか。たとえ話が進んでいるにしても、表に出していいものと出してはいけないものとの区別ぐらいつけるべきだし、その影響度をちゃんと考えてやっているようには見えないのだ。はっきり言ってセンスがない
選手の取捨選択についてはもう少し状況がハッキリした後で書きたいと思うが、なんともクラブの意図するところが掴みかねるよ。クラブミーティングでその辺も聞いてみたい気がする(幡ヶ谷の回に行きます)。まぁ、今年も自動的に更新するだけなのだがね。

|

« FC東京1-1G大阪 | Main | ファンタジーサッカー第32節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/17134277

Listed below are links to weblogs that reference 2008年席割り:

« FC東京1-1G大阪 | Main | ファンタジーサッカー第32節 »