« ペース | Main | ポリバレントなんてくそ喰らえ »

October 17, 2007

全ての情報には主観が入っている

TBSがらみの騒動?について、一言二言。
マスメディアの公共性とか公平性なんて言うけど、そんなものどこにもない。亀田の話も、初音ミクの話もみーんな主観によって成り立っている(そもそも民放は私企業だから、公益以上に自社利益を優先する)。送り手側が勝手に視聴者はこう望んでいると決め付けて“作っている”だけだ。言ってみれば本来義の「確信犯」。
亀田の件では、受け手側のリテラシーを読み損ねたことと、コンテンツが勝手に暴走して当初予定したシナリオが全く狂ってしまった事が誤算として表面化しただけで、相変わらず亀田の試合に対する関心が一部では高いことをみれば、“ビジネスベース”でTBSは正しい選択をしているといっていい。どんなに批判を受けても、亀田の復帰戦で視聴率が取れればTBSの勝ちなのだ。そして、それに付き合っている視聴者も所詮そのレベルだということ。それにしても、TKO勝ちにこだわる実況アナウンサーの滑稽さと、いみじくも放送中に亀田一家の凶悪性を実証する言質を音声として拾ってしまったことが、何とも皮肉的で可笑しい。今回ボクシングという純粋なスポーツとは全くかけ離れたところが見所となってしまったわけだが、「亀田一家というコンテンツ」をとことん祀り上げ追っていったTBSにしてみれば、まさに狙い通りの結末といえるのかもしれない。
一方、初音ミクの件は、取材において道義性に欠けるというところが問題であって、アウトプットが「オタきもい」ってとこは問題じゃない。それ(印象操作)は「アッ子におまかせ」という番組のトーンの問題だ。当事者が騙された名誉を傷つけられたと思うなら訴えればいいし、開発側は多少なりとも製品の知名度アップには繋がったのだから善しとすべきだろう。奢り高ぶったメディアは反省することはない。相変わらず影響力が高いだけに侮る事はできないが、取り扱われる側がしたたかにメディアを利用するぐらいのつもりにならないといけない。
まぁ、TBSは、サンデーモーニングの“野球マンセー”にしてもそうだが、偏向度合いが極端だな(TBSはオウムの坂本弁護士問題もあったし。少なくともオイラ的には不快な番組が多いので見ない)。こういった偏向放送の当事者たち、もし自分の本意と違うのにやらされているのだとすれば、それはそれで気の毒だなと思うが、同時に、君たちに良心(ていうか常識?)はないのかね、とも問いたいところだ。

|

« ペース | Main | ポリバレントなんてくそ喰らえ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/16790298

Listed below are links to weblogs that reference 全ての情報には主観が入っている:

« ペース | Main | ポリバレントなんてくそ喰らえ »