« ポリバレントなんてくそ喰らえ | Main | 青木村 »

October 19, 2007

育てた親の顔が見たい

どうしてこんな親になってしまったのやら。一体何が原因なんですかね。これじゃ、先生たちもたまったもんじゃないですよ。しつけができてない子供たちを押さえつけようにも、親からのプレッシャーがあってはそれすらママならない。学級崩壊は起こるべくして起こる。原因は明らかに親にあるでしょう。
小学生の親というと大体30後半から40歳ぐらいにかけてだと思うのですが、この世代、青春期から就職期にかけてバブルだった連中なんですよ。イケイケの乗り、軽い、甘い、結構わがまま(あくまで個人的印象ですけど)。これは、昭和の常識がバブルによって一発で崩壊してしまったツケなんですかねぇ。それとも、大阪特有の話なのでしょうか。
「親からのクレームに平身低頭の先生を見て付け上がる小学生」という話を聞いたことがありますが、ほとんど「犬」状態。いずれにしても、まず親の教育からやらないと、日本の学校教育は壊滅しますな。

|

« ポリバレントなんてくそ喰らえ | Main | 青木村 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/16790246

Listed below are links to weblogs that reference 育てた親の顔が見たい:

» 教師と親の「共育」で防ぐいじめ・学級崩壊 [子育て・育児の相談駆け込み寺]
幼年期の育児はとても難しいものですが少年期の育児はもっと複雑です。それは親とのコミュニケーションだけでな [Read More]

Tracked on November 02, 2007 at 01:29 AM

« ポリバレントなんてくそ喰らえ | Main | 青木村 »