« 広島0-5FC東京 | Main | 黄色いゴール裏 »

September 02, 2007

FC東京3-1神戸

帰りの電車で、みんななんとなく幸せそうだったよね。ただそこに在るだけじゃなくて、やっぱり嬉しくしてくれて始めて存在意義がある。辛い思いだけでは流石にやりきれないよ。

さて、スタメンは相変わらず「いじらず」。コンディション問題じゃないと言わんがばかり。確かに前半からボールに対する出足は勝っていたし、何度か惜しいシーンも作れていた。CKからの失点は、まぁ仕方ないとして、前半で追いつけたのは大きかった。

で、注目のルーカスですよ。

後半、ルーカス投入後は、赤嶺がポスト&潰れ役になってルーカスがフィニッシュを狙う感じの2トップ。これがバッチリ機能した。2点とも赤嶺→ルーカスで決めている。フリーのヘッドを外した時はまたかよと正直思ったけれど、2点目は落ち着いて決めてた。フィニッシャーとして、いままでルーカスの負担(ポストでの競り合い、スローイングの受けて、フォアチェイス…疲れますよ)が大きすぎたんじゃないかと思った。危険な位置で前を向いてプレーさせるように使っていかないとルーカスは活きない(しつこいけど主張し続けますよ)。コンビとなる赤嶺も、危険な存在と相手に認識されたからマークも分散するわけで、この2トップはこの先も期待が持てる。

2トップで行くならば、中盤の構成も両翼重視よりはスタメンのような片翼(戸田がいたときはもともとそうだった)だったり、終盤の4-2-2-2で徳、ジョーの上がるスペースを作るシステムのほうがバランスが良い。ただ、それには今ちゃんのボランチと言う大前提があるわけで、1列あがるだけでチームが劇的に変わってしまうんだからすごい選手ですよ(それだけにいなくなられるとそーとーヤバイ)。とにかく昨日は最後まで鬼だったね。勝敗も決してロスタイムに入ろうかと言うときも、猛然とボール獲りに行ったし。彼が中盤にいる限りにおいては降格の心配は無用でしょう。

クリも何気に効いてたし、サリーの投入もタイミングよかったし、なんでもっと早くからこうならないかなぁ、と。結局今年もDF陣の編成の問題じゃん。フロント学習能力なさ杉だよ。

残留カウンター 目標36まであと7 嫌な奴東京全開でこれからも上位を喰っていきませう!!

|

« 広島0-5FC東京 | Main | 黄色いゴール裏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/16319503

Listed below are links to weblogs that reference FC東京3-1神戸:

« 広島0-5FC東京 | Main | 黄色いゴール裏 »