« ダッジ・チャレンジャー | Main | ファンタジーサッカー第26節 »

September 23, 2007

FC東京2-0清水

さてさてさて。

いきなり爺さんのわけの分からん挨拶から始まったこのゲーム。フロントは何を期待して爺さんを引っ張り出してきたのか。しかもこの時期に。爺さんのプレーを生で見たことがある人が今日の3万人のうちどれほどいるのだろうか。「あの人、誰?」というファンも結構いるんだろうな。そんな状況の中での登場は、変にかんぐりたくもなる(来季の入閣?まさか監督??)。少なくとも古くからのファンの不満(主にホームで勝てない)を緩和したいという狙いはあったはずだ。爺さん引っ張り出す前に、現役でちゃんと結果出してみろ、っていうのが率直な意見です。

で、肝心のゲームは、得点こそ2分間に凝縮されてしまったが、全体通じてまずまずの出来だった。いや、清水が悪すぎたというべきか。6連勝、無失点を続けていたチームが、思いもよらないオウンゴールで自ら記録を終わらせてしまったときに、ふとチーム全体から力が抜けたような雰囲気が漂った。張り詰めていたものが切れてしまったかのようだ。おそらく、その1分後の赤嶺の得点とも無関係ではないのだろう。福西に容易にボックスへの侵入を許すと、ラストパスから流れるような赤嶺のスーぺルゴールが飛び出す。

先制のオウンゴールを誘発したナオのクロスは、タイミング、コース、スピードとも素晴らしく、思わず頭を出したくなる質だったに違いない(ただし、中には1枚しか入ってきておらず、クリアがなかったらどうなっていたかは分からない)。今日のナオは確かに良かった。

清水は先制されるまでとそれ以降ではまったく違うチームのようだった。中盤のチェックが甘くなり、玉際、人との競り合いも時間がたつに連れて蛋白になっていく。後半、戸田を右SBに入れて打開を図るが、東京もノリオが徹底的にマークして仕事をさせない。やっぱり戸田はゴール前に飛び込んでいかないと怖くない(ただし、決められないのも改善されてないんだろうな)。うちとやる時以外は頑張って欲しいぞ。

いつの間にやら順位も10位。ちょっと賞金も見えてきたかな。

あと、ゲーム前、フードコートに行ってきた。イメージしていたものとかなりギャップがあったが、なんでも最初はあんなもんだ。クラブはGJ。売れ行きもまずまずだったみたいだから、もっと大きくしてカシマスタジアム前の屋台街ぐらいの規模になればいいなぁと思う。値段的にはちょっと高いけど(チキンタコス500円。味はまずまず)、あの区画でちょっとビールでも飲みながらプレビュー談義が出来ればなおよしです。

|

« ダッジ・チャレンジャー | Main | ファンタジーサッカー第26節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/16549623

Listed below are links to weblogs that reference FC東京2-0清水:

« ダッジ・チャレンジャー | Main | ファンタジーサッカー第26節 »