« 最悪の事態 | Main | 残り9節 »

September 16, 2007

横浜FC0-2FC東京

さてさてさて。

梶山ショックが癒えていないオイラにとって、今日の平山ゴールは何か救いのように思えました。ほんと、チームも救われたしね。勝っていたとはいえ、0-1のままで終わっていたら、なんとなく釈然としない感じのまま家路についていたことだろうな。

失礼ながらカズのワントップという機能するとは思えないシステムをとらざるを得ない相手に、赤嶺→福西の一点のみとはいかにも寂しい内容。特に後半は全体的に動きが悪くなり、交代メンバーとのコンビも悪く、相手を勢いづかせる結果に。見ていて気持ちが受けに回っているのが分かるものね。同点に追いつかれていれば確実にルーカス、リチェーリは戦犯扱いだろう。ルーカスも好不調が激しいな。それにしても、あれだけの決定機を自ら駄目にしていては勝てる試合も落としてしまう。実際、下位に低迷するチームは絶対モノにすべきチャンスを逃しているのだ。

決定力不足の話がどこかのブログに書いてあったが、決定率がそもそも低い東京は、その点を改善しなければこの先はない。シュートは撃たないと入らない(最近シュート撃てコールは減ってきたように思うが)、枠に飛ばないと入らない、キーパーが届かないコースでないと入らない。

ハードル高けーな。でも、平山は「GKも抜く」で撃ったからな。そりゃ入るだろ。

平山にしても、「見たか反町、俺を使え」という気概はいいのだが、G裏がシャーやらせてやるって言ってんのに無視?して引っ込んだのは、あいつが今ひとつ愛されていない原因なんだろうな。根っからのKYなのかね。

|

« 最悪の事態 | Main | 残り9節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/16460792

Listed below are links to weblogs that reference 横浜FC0-2FC東京:

« 最悪の事態 | Main | 残り9節 »