« 人様に預けるという事 | Main | FC東京1-2大分 »

August 11, 2007

リスタート

アウェーでなかなか勝てなかった鹿島に勝った勢いをそのまま持続したかったけど、果たしてこの中断期間でチームのクオリティは上がったんでしょうか。練習試合の結果などを見ても、あまり目に見える成果進歩はないようですが、小平通いの皆様はどう見てるのかな。

土曜日のスタメンは、どうも一本目が最有力のようですね

今ちゃんを最終ラインで使うのはもったいないなぁと思う反面、超過密なMF陣を考えれば致し方ないところもある。今ちゃんの攻撃センスは侮れないのだ。
DFラインでちょっと気にかかるのは徳のスピードかな。たまに簡単に振り切られるときがある。長友が入ってきて、かつての加地と徳永の関係のようになればいいけどね。
問題は攻撃陣の構成で、両翼は良いとしても、ルーカスのワントップには今もって反対。彼は前を向いて初めて良いプレーができる。プレッシャーの強い最前線ではシュート精度が上がっていかない。ポストプレーの収まりも例年になく不安定な印象があるし。ルーカスを一列下げるとなると、ダイナモとしての伊野波は残したいので、あとは福西か陽平かのチョイスになる。
冷静に見ればやっぱり福西だろうなぁ。
陽平に対する最大の不満は、前線で決定的な仕事ができていないということなんだ。所謂ラストパスの供給。守備もそこそこ、両翼への展開パスも非凡なものがある。しかし、自らのミドルシュートも含めて、得点への寄与が少ない。確かにプレースキックからのアシストは結構あるが、流れの中で相手を崩していく部分に物足りなさを感じてしまう。前半戦の実績からしても、福西の方が得点の臭いがする。ただ、福西にしてもスタミナと淡白なプレーに難点があるわけで、絶対的存在ではない。陽平がその気になれば乗り越えられるはず。
ルーカスのワントップシステムである以上、陽平が前目でプレーしなければ得点の可能性も高まらない。それだけに、彼にはもっと点を意識したプレーを望みたい。おそらく、それが北京への道にも繋がっているのだと思う。

さて、もし、ルーコンが1列下がるとしたらトップには誰を据えるのか。
電柱に最後のチャンスをやってもいいと思うよ。でも、そこで結果を出せなければサヨナラだな。

(ひつじ的スタメン)

------電柱------

ノリオ----------ナオ

----ルー---893----
            (陽平)
------イノッチ-----

ジョー--モニ---今野--徳

------土肥------

相手(大分)のことは考えてません。しかし、司が戻り、大の苦手である鈴木シンゴが加わり、さらに天才?前俊とくれば、結構いやらしいチームになってますよ。しかも、うちと同じでアウェーではまずまずの戦績を残してるし、うちはホーム苦手ときてるw。下位に取りこぼさないという意味で、後半占う大事な一戦ともなりましょうや。

残り16試合、優勝(絶対)も降格(おそらく)もない状況で、チームとして何をなすべきかをよくよく考えて欲しい。強いチームって、どんな苦境でも点をもぎ取る力があると思うし、点を取りにいくときの迫力がある。金勘定で行けば出銭(失点)を減らせば金は貯まっていくわけだけれど、東京的な人たちはそれを善しとしていないんだから、やっぱり点とって何ぼの世界でしょ。オイラ的には“巧い勝ち方”よりは“ねじ伏せる勝ち方”が見たいんだけどね(“圧勝”という意味ではないよ)。

まぁ、とにもかくにもホームで勝たないと。話はそれからだ。

|

« 人様に預けるという事 | Main | FC東京1-2大分 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/16065768

Listed below are links to weblogs that reference リスタート:

« 人様に預けるという事 | Main | FC東京1-2大分 »