« リスタート | Main | 敵に塩を贈る »

August 12, 2007

FC東京1-2大分

やっぱり変わってなかったね。

良かったのは最初の10分ぐらいだけで、後は大分の運動量の前に沈黙。

周りは「金返せ」とか「くそレフェリー」しか言わない奴らばっかりで、あまりに哀しくてブーイングするのも忘れてしまった。

確かに同点のプレーは副審に大いに問題があったと思うけど、その前に油断があった。

最初はラインを高く保ってコンパクトに出来ていたから、さすがモニが復帰したことはあると感心してた。ところが、同点になって大分的にはまずこの状態をキープして、しっかり守ってカウンター狙いはミエミエなのに、その備えも忘れて前掛かりになってやられてしまう。高橋は一回最終ラインを巻いてから前へ出て行っているんだよね。ラインを突破する時にはトップスピードになってるからモニでも追いつかない。あそこでラインを上げる駆け引きは出来なかったかなぁ。それより、前線で誰もプレッシャーをかけにいっていなかったことのほうが問題かな。ラインを上げるということは前線のプレスはセットみたいなもんだな。あれだけ余裕があると、FWとタイミングも合わせやすいと思うよ。

どこかで誰かが動かなくなることで歯車が狂う。大分の寄せが良かった分それは顕著に現れていたように思う。個々の頑張りが繋がっていかない。なんか悲しいねぇ。

あ、陽平は頑張ってたと思うよ。2列目から追い越す動きが随分出来てきていたし。抜け出した時はあれは相手DFが上手かった。みんななぜシュート撃たないと怒ってたけどね。

残り15分で平山を投入した時、「もう試合投げたのかぁ」って野次はきつかったな。その通りなんだけどね。はぁ。

あと4勝ぐらいは出来るでしょ。と、半ば呆れながら寝るとしますか。

|

« リスタート | Main | 敵に塩を贈る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/16082494

Listed below are links to weblogs that reference FC東京1-2大分:

« リスタート | Main | 敵に塩を贈る »