« 鹿島1-2FC東京 | Main | ファンタジーサッカー第18節 »

July 03, 2007

バイバイ、ちょぺさん

コスタリカの英雄がついに機上の人になった。オイラ自身は、彼のプレー振りを見るにつけ不要論に傾いていった。決めたゴールはごっちゃんゴールがほとんど。スーパーな技術があった訳でもなく、プレーにとらえどころがなく、簡単にボールを失ったり、なんとなくやる気が感じられなかったこともあった。W杯の片鱗ぐらいで、ついにその真価は見られず終い。

来日当初、本当はプレミアでやりたかったという本音がもれたとか漏れなかったとかがあったけど、やっぱり極東の2流サッカーではモチベーションも上がらなかったのかな。でも、W杯の実績のわりには、プレミアを離れてからの彼の経歴はドサ廻り的に見えなくもない。ピークは過ぎているんだよ。あのプレーで、プレミア再就職は無理だと思うのだが。

さて、ちょっぺ本人の問題はさておき、本質は、それを連れてきたフロントに行き着く。

ダニーロ、ササ、エバウド(はケガか)と、こうもチームにフィットしない選手ばかりでは、外国人選手を取る意味すらない。リチェだってレギュラー確定の選手ではないわけで、チームにおける外国人選手の意味合い(助っ人=チームの弱い部分を日本人より技術や経験のある選手で補う)が揺らいでいるのではないか。実際、チャンやチョンスンは育成対象だったし、安く買って育てる素材としての外国人選手、というのもあっていいと思うが、今のチーム事情からすればそんな余裕もない。以前はアマラオに始まり、ツゥットやジャーンといったまじめ」に働いてくれる「巧い」選手を「安く」獲得できていたのに、最近はハズレばっか。ちょっと値は張るかもしれないけれど、ガンバのように、日本国内で実績を残した選手を上手く獲って活用する方法もあるのに。
いずれにしろ、今欲しいのはスピードと高さのあるDFか決定力のあるFWしかない。ルーカスの決定力が今より3割アップすればFWも不要なのだが。いや、赤嶺をもっと使えばそれで解決するもんだかもしれない。

やっぱ、ストヤノフだな。

(この際、今野問題はおいとくぞ)

|

« 鹿島1-2FC東京 | Main | ファンタジーサッカー第18節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/15637711

Listed below are links to weblogs that reference バイバイ、ちょぺさん:

« 鹿島1-2FC東京 | Main | ファンタジーサッカー第18節 »