« パプリカ | Main | バイバイ、ちょぺさん »

July 01, 2007

鹿島1-2FC東京

大敗のあとの勝率がいいというジンクスだけを頼りにボスと一緒に行ってきました。

まぁ、勝ち点を持ち帰れれば上出来と思っていたのですが、想定外の結果にちょっと感動してしまいました。それにしても、勝ち試合見るのにコストがかかることで。

全体をコンパクトにして戦う姿勢を見せた前半、鹿島は裏に放り込むだけだが、マルキを押し立てて、結構いやらしい攻撃を繰り返してきた。失点は今ちゃんのミスといえばミスなのだが、一度陣形を崩されてしまうとボールに群がる守備はいい加減修正できないだろうか。必ずフリーを作ってしまう。誰かが全体を見るだけの余裕が欲しいし、コーチングしてカバーできないものか。先制点を取られてから、鹿島もそれほど嵩にかかってくることもなく、東京もチャンスは作っていたので、前節ほどひどいことにはならないだろうとホッとしながらハーフタイムへ。

で、後半に入ってからの鹿島はなんか蛋白だったな。急にプレッシャーが弱くなって、ゲームの流れ自体はどちらかというと東京ペースだった。最後は鹿島張りのコーナーキープまで見せて、それほど余裕はなかったけど1-2で終了。ホント行って良かったなぁ。

さて、選手で目立ったところをちょっとコメント。

土肥ちゃんは、とにかくポストの神様が味方してくれるぐらい当たってる。この試合でも2~3点は助かってる。コンディションと集中力が戻ってくれば、当分シオの出番はなさそうだね。

ノリオはいよいよ本物かな。いや、ソガハタ股抜きはまぐれだな。でも、思いっきりのよさが結果に結びついていると思えば、これからもガンガン撃つべきだろう。前半の右サイドはご愛嬌にしても、シュートを打つタイミングや撃てるゾーンへの入り方、ポジショニングなんかコツを掴み始めているみたい。得点の柱が2本になれば、間違いなく上位に上がっていける。期待大だね。

陽平は、走ってたね。ミスパスもあったけど、奪われた後のチェイスもサボってなかったし、キープ力は相変わらず。

で、このゲーム、オイラ的にもっとも注目だったのはボランチの相棒、伊野波です。

モニが徐々にコンディションを戻し始めてきている今、復帰すればまず間違いなく今ちゃんが一列前に上がってくる。となれば、センターMFの3人のうち一人ははじき出される訳で、一番危機感を持っているのは伊野波なんだと思う。だから、ここ数試合の運動量といい、前線への飛び出しといい、プレーがかなり積極的になってきていると感じる。モニの負傷もこう考えれば無駄ではなかったのかな。

とはいえ、DFラインのバックアップは相変わらず脆弱。補強すべきはFWよりまずDF。ストヤノフなんて格好の獲物だと思うけどなぁ。ナビスコの2試合はあるけれど、リーグ再開に向けて的を得た補強がなされることを切に願います。

|

« パプリカ | Main | バイバイ、ちょぺさん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/15619084

Listed below are links to weblogs that reference 鹿島1-2FC東京:

« パプリカ | Main | バイバイ、ちょぺさん »