« 山頂とった | Main | ファンタジーサッカー第15節 »

June 18, 2007

FC東京0-2浦和

さてさてさて。

新聞の見出し(達也復活弾!ってか)をわざわざ提供することもないとは思うのだが、とにかくワ級に前を向かせたら駄目だと分かっているのに向かせてしまったDF陣のミス。OGは精神的に押し込まれていたのが現象面となってしまった。ちょっとしたミス、ちょっとした気の緩み、そういったところを突くか突かれるか、上手くそこを誤魔化せるか、チームとしての経験値(知)の問題なのかなぁ。値は知であり血になるか。

どうしても中に入ってしまってワイドに使えないこのスタメン。ノリオは縦を切られて中に行くしかなく、結果右足でシュートを撃たされている。ナオの二の舞にならないといいのだが、もっとシンプルに縦だよ、縦。

信男さんの折り返しが陽平の足元に行っていたら、というのが最大の見せ場だったか。後半2点差になってからはボールも人も動かなくなり、平山大作戦も何の成果も生み出さなかった。浦和の最終ラインはなかなか崩せるものではないな。ちょっと悔しいが、順位なりと考えれば選手はよくやった。

うーん、簡単に割り切れない。少なくとも水曜日は完勝といきたいところだね。

|

« 山頂とった | Main | ファンタジーサッカー第15節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/15472503

Listed below are links to weblogs that reference FC東京0-2浦和:

« 山頂とった | Main | ファンタジーサッカー第15節 »