« よく飛びました | Main | ファンタジーサッカー第10節 »

May 07, 2007

川崎5-2FC東京

GW遊びつかれて、雨ということで自宅で大人しくテレビ観戦。正直、見ていてG裏辛そうだったなぁ。現場へ行かれた皆様方、お疲れ様でした。

何が伝統の一戦か。まったくおこがましい。

同時にJ1に上がって、方や降格の辛酸をなめながらも着実に足場を固め優勝争いにコンスタントに絡めるようになる、方や何となく中位を彷徨いながら幸運に恵まれてカップタイトルを得るが、結局何の進歩もない。わずか数年でこれだけの差が出来てしまった。この差を東京のフロントはどう見ているんだろう。対戦成績はこちらが有利なのはこれまでの話で、内容については相当引き離されている。浦和、柏、神戸なんかみていると、いっそのこと「いっぺん死んで落ちてみる?」と言いたくもなる。話題性を提供して集客を図ろうなんて100年早い。魅力的なサッカーをしているからサポが、観客がついてくるのだ。その凌ぎあい、積み重ねが伝統になる。

それにしてもよく5点で済んだものだ。後半川崎のプレスが緩み、守ってカウンターに切り替わったので(それでもあと2~3点入ってもおかしくはなかった)、東京が攻める時間も増えたが、基本的には前半のスコアが両者の力関係を的確に現している。川崎の攻撃はシンプル。手数をかけずに電光石火。前半終了間際と後半の得点は実に見事。対する東京は、手間だけかかって奪われるリスクが高い。攻撃に頭がいってしまったところで奪われるから、守備への切り替えが遅れてしまう。プレスをかけに行って簡単にかわされてしまう。すべてに中途半端。その象徴が陽平と言うことか。

指揮官のハーフタイムコメントも心配を増加させる。意地だけを強調したところで何の解決にもならない。すべては準備の段階で決まっている。選手個々が代表クラスだとしても、チームになっていなければ戦えない。チームをコーディネートするのは監督の仕事だ。

補強とかそんな話ではない。真のチームにするには何が必要か、ということ。今こそ個々に責任あるプレーが求められている。

|

« よく飛びました | Main | ファンタジーサッカー第10節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/14974132

Listed below are links to weblogs that reference 川崎5-2FC東京:

« よく飛びました | Main | ファンタジーサッカー第10節 »