« 今日のゲーム前のお言葉 | Main | ファンタジーサッカー第11節 »

May 13, 2007

FC東京4-1千葉

この1戦で問題のすべてが解決したと思っているサポーターなんて一人もいないことは重々承知の上で、あえてそれでも勝ったからいいじゃんと言い切ってみる。どんなに不細工であっても1点は1点だし、勝ちは勝ち。どんなに理想的で面白いサッカーをやっていても負けることはあるし、どんなに無様でも何かの拍子で勝ちが転がり込んでくることもある。そんな1戦だったと割り切ればいい。せっかく久しぶりにホームで勝ったんだから素直に喜びたい。

でもねぇ…(苦笑)

先発メールを見たとき、ホントにどんなゲームプランを描いて助っ人3人を前に並べたのかが全く想像できなかった。守備ブロックを固めて攻めは前の3人の即興任せ、そんな風にしか見えなかった。ナオの怪我がリチェ、信男さんの起用の原因だったし、ノリオも金沢のコンディションの影響、伊野波、陽平の五輪コンビも福西の怪我。このスタメンを組んだ能動的な動機が全く見えないのだ。実際ゲームは千葉の自滅だったわけで、組織的な成長や戦術的な配慮がどれほど反映されていたかは見えてこなかった。

ただ、代わりに出た選手達は、その責任は全うしたと思う。

左サイドはリチェが前から押し込んでいたため、後ろはノリオでも十分対応可能な状況だった。右サイドは信男さんが中との連携を上手くとってバランスのよい攻守を実践。特に4点目のオウンゴールを引き出したクロスは、ナオのタイミングでは絶対出てこないものだった。ルーカスは1列後ろから前を向いたプレーでゴールを狙うゆとりもあった。珍しく陽平は走っていたし、無理なプレーを自粛して、キープすることでチームのリズムを整えていた。そして、今ちゃんのゴール前への飛び込み。最終ラインから単独走ってシュートで終わったこのプレーこそこれからの東京に必要なプレーなのだと感じた(ではボランチの2人は何をやってたのか、という話でもある)。組織的なコンビネーションはまだまだこの先の課題だとしても、最低限責任あるプレーは出来ていたように思う。

対した千葉は、すごく難しいことをしようとしている印象だった。出鼻は正直千葉の方が楽しいサッカーをやっていたし、羨ましいと思った。でも、見ているうちにこれは完成するのだろうか?ほとんど無理なのではないか?と思うようになる。繋がるけれどフィニッシュまでどう結び付けていくかが見えない。まるで昨年の東京のようだ。出し所がなくなってきて、横パスをかっ攫われてカウンター、失点のパターンはいつか来た道である。もっとサッカーってシンプルなんだということ。今日の東京の得点がいいサンプルだろう。それにしても、生垣CBコンビに仕事をさせてもらえない巻って、どうよ。ほんと千葉サポには気の毒だったなぁ。

さて、謎のヒーローインタビューで“キャプテン”今ちゃんがしきりに「冷静さ」を訴えていたが、大丈夫、誰一人として浮かれてなんかいないよ。今日は結果オーライのゲーム。上位を狙えるチーム状況でないことは誰もが理解している。これでヒロミも首の皮一枚で繋がったかな。ガーロのときも5月当たりに?マークが出た時があって、延命してそれでも夏までだった。さて、ヒロミはどうなることか。「冷静」に見守って行きた

【追記】後半、長い距離を走ってゴール前に飛び込んだのはサリーだったというような話もあり、録画忘れてて、どっちだったんだろう。記憶が曖昧だ。何にしても後ろから追い越す動きが大事だということ。

|

« 今日のゲーム前のお言葉 | Main | ファンタジーサッカー第11節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/15054728

Listed below are links to weblogs that reference FC東京4-1千葉:

« 今日のゲーム前のお言葉 | Main | ファンタジーサッカー第11節 »