« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

April 29, 2007

神戸0-0FC東京

ゲーム前、家本ルーレットがとうとう回ってきたことで、何か起きないかと心配したが、結果的にはホーム側が割を食ったらしく(前半終了間際のCKで神戸側がアピールしていたのがなんだったのかよくわからなかったのだが、どうもゴールラインを割ったのではないかということ。家本が見逃したらしい。この他にもジャッジはあまり安定していなかったが、荒れたゲームではなかったので無難に終わった感じ)、東京側には不発に終わってよかったね、ということだった。

それにしても、双方守備意識が高く、かつ攻め手に欠けるためにこの結果に終わったわけだけれど、東京は徐々に良くなって来ている感じはした。まずは守備の安定。浅利をアンカーとした守備組織も機能してきている。時折混乱するところもあるが、敵のミスにも助けられて何とか無失点で切り抜けているのは評価できる。藤山と今野がポイントポイントで前へ出て浅利がカバーしきれない危機を摘み取っている。ここで、モニが復帰してきた時にどうするかが注目だね。

問題はこの守備から攻めへの切り替え。やや、低めに構えているからスピードが遅くなるのは仕方のないことかもしれないが、選手間に前への意識に温度差があるような気がした。受け手と出し手の意識のずれが見られる。点を取る、という目的意識が低い。シュートが撃てるのに撃たない。この辺は技術的、戦術的な問題ではない。昨日のゲームでは、ゴール前でシュートコースが見えたにもかかわらずパスを選択したナオが象徴的。G裏から一斉にシュート撃ての声が上がる(話は違うが、やっぱりアウェーのG裏は一番ストレスがないね)。決めてやるという強い気持ちがない。より確実な方法を選択してパスミスになっては元も子もないだろう。まぁ、シュート撃っても枠に飛ばないんでは話にならんがね。

前節、守備ラインのバランスを崩すことを極端に怖がっているように見えた。でも、攻めに出るときはやはりリスクを負わなければならない。その見極めと、出て行ったときに必ずフィニッシュで終わるということを徹底することが大事なんだろうと思う。FWが機能していない今の東京にとって、2列目3列目の追い越しが攻撃の鍵を握っている。その意味で、今野を最終ラインに置かなければならない状況は面白くない。

陽平、もっとミドル撃て。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2007

ホムスタ

ホムスタ
初ホムスタです。こじんまりしたいいスタジアムですね。羨ましい限り。さて、ユースケ、どれだけ成長したか見せてもらいましょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

下流社会

Photo_3

下流社会/三浦 展

光文社文庫221 ISBN4-334-03321-0

社会が二極化してきていることは、いろいろなところで目に耳にする。ビールのようなものですら二極化してきている。それは、社会そのもの以前に人の価値意識が個人の中で二極化してきていることでもある。このような二極化消費は、バブル崩壊直後から、自由になるお金が限られた家計環境で、バブル期の残影を追うかのような贅沢消費が部分的に残ったことから始まった。価値意識に対する関与度の低い消費は、多少品質を落としてもなるべく安く済ませようというメリハリの利いた生活だ。不況が長引きデフレが顕著になってきたときに、安価の消費スタイルが急速に充実したわけだが、ここに来て景気が多少上向いてきた状況においても、デフレの波に乗ったまま下の部分だけで生活を構成する人が若い人の中で増えてきている。この本では、主に生活意識の側面からの分析にとどまっているが、低所得でも生活していける消費社会基盤が形成されたことが、下流の増加を促進しているともいえる。ちゃんと会社に入っていっぱしの給料をもらわないと生活していけない世の中であれば、彼らだってちゃんと働くだろう。と、書いているそばからこんな記事が。一旦下に入ってしまうと、なかなか浮上できない構造になりつつある。会社を簡単に辞めてしまう連中も後を絶たないが、キャリアアップ目的の転職ならいいが、自分の志向に合わない、きつくてやりたくないといったネガティブな発想で先のこともあまり考えずに辞めてしまうのであればかなり危険だろう。社会構造は個人の力ではどうしようもないからだ。働かない奴らのために税金を使うなんて、という議論もある。個人的には全くその通りと思うのだが、彼ら自身だけの責任でもない部分はありそうだ。これから生産人口が減少していく日本社会。先が見えない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2007

ファンタジーサッカー第7節

ごめんなさい。嘘をつきました。
水曜日海外でゲームして金曜日帰国して土曜日のゲームに出られるわけないよなぁ、って思ってしまいました。掟だけは守ったので許してください。それでも、水野も本田圭もフルで出てるし、カレンもスクランブルで途中出場している(しかも3人で21fpと代えた選手より稼いでるorz)。東京の連中だけだぞ、グダグダなのは。情けねぇなぁ。言ってるおいらも情けないが。
【掟】・浦和の選手は死んでも使わない。
   ・陽平は何があってもレギュラーで使い続ける。
   ・好きだから4バックにこだわる。
   ・当節の東京の対戦相手からは選ばない。

第7節結果
GK 塩田(東京)C…18fp
DF 増川(名古屋)…9fp
   金沢(東京)…8fp
   徳永(東京)…6fp
   ストヤノフ(千葉)…11fp
MF 梶山(東京)…0fp
   中後(鹿島)…4fp
   石原(甲府)…10fp
   藤田俊(名古屋)…6fp
   柏木(広島)…6fp
FW 佐藤寿(広島)…4fp
   
合計82fp  通算364fp
1868/4884位(エントリーリーグ・東京地区)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2007

FC東京1-0横浜FC

いいプレーもあったし、全く意思の疎通がなかったプレーもあったし、ルーカスが決めるところを決めてくれればもっと楽なゲームになったと思うのだけれど、それでも何とか勝ち点3が取れたことが最大の収穫。危ないシーンは何度かあったが相手のミスにも助けられて、2試合連続の無失点は自信になるだろう。伊野波を使うより、今野のCB、徳のSBの方が安定感がある。浅利のアンカーも効いている(ちょっと位置が低すぎるのが難点だが)。それ以上に、とにかく藤山が素晴らしすぎる。藤山の鋭いインターセプトだけでも3杯はいける。しばらくはバックラインを楽しみに見て行きましょうか(モニも戻ってきたしね)。

100nikondscn0541_dscn0541

えふしー(笑)も辛いですな。後半は完全に負け組のメンタリティに入ってしまったし、サポのガスも抜けませんでした。にしても、この弾幕断幕のセンスはいかがなものか。

【追記】あの“アナザーワールド”と揶揄された穴沢が、このゲームに関してはいいレフェリングをしていたように思う。程度問題といわれればそれまでだが、少なくともここ数試合の中では一番ストレスを感じさせなかった。最低でもこのぐらいのレフェリングで統一して欲しいものである。

Continue reading "FC東京1-0横浜FC"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2007

ブラッド・ダイヤモンド

アフリカの内戦を下敷きにした映画は数々あれど、これはエンタテイメントとして完成度の高い秀作だった。残虐さ、悲惨さだけが強調されるのではなく、また糞まじめな正義臭を撒き散らすわけでもなく、現実と架空の設定が絶妙のバランスで配合されていて、ストーリーの緊張感は最後まで続いていく。ところどころで生理的にきつい描写もいくつかあるが、2時間強の時間はあっという間に過ぎていく。

Blood_diamond

(ちょっとネタバレ?)

Continue reading "ブラッド・ダイヤモンド"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2007

U-22日本代表2-0U-22シリア代表

さてさてさて。

今日は早めに家に帰って自宅観戦でしたが、うちの子達は駄目でしたね。「このチームは梶山の出来次第」とか実況が言ってたけど、うちとおんなじじゃね。一発勝負の予選にそんな選手を使ってていいのかと思ってしまうのだが、なんとも厄介な子だよ。

週末はお休みでしょう。なんだかみんなお疲れみたいで、ファンサカ、あのままにしたけど、4人中何人出てくるでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2007

ファンタジーサッカー第6節

何を勘違いしたのか、五輪組をたくさん入れて2/3しか点がつきませんでしたorz。あまりの基本的なミスに自分自身情けなくなってきます。それでも50fpとれてるんだから、もったいなかったな。こんなところでミッドウィークのゲームに泣かされることになろうとは。トホホッのっほー。こうなったら次節もこのままでやってやる。
【掟】・浦和の選手は死んでも使わない。
   ・陽平は何があってもレギュラーで使い続ける。
   ・好きだから4バックにこだわる。
   ・当節の東京の対戦相手からは選ばない。

第6節結果
GK 塩田(東京)…11fp
DF 増川(名古屋)…7fp
   金沢(東京)…7fp
   徳永(東京)…8fp
   ストヤノフ(千葉)…9fp
MF 梶山(東京)…0fp
   中後(鹿島)…4fp
   石原(甲府)…4fp
   水野(千葉)…0fp
   本田圭(名古屋)C…0fp
FW カレンロバート(磐田)…0fp
   
合計50fp  通算282fp
2247/4596位(エントリーリーグ・東京地区)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 16, 2007

緑エビス

これも失敗だろう。

エビスでなにかやるのは、もうやめたほうがいいよ。

他社のプレミアム攻勢への対抗策なんだろうが、エビス本体がぼやけてしまい、かえってロイヤリティの高い客を逃すことになりはしないかが心配だ。企業がおかれている環境から来る自信のなさなのかなぁ。ブランドを食いつぶすとは正にこのことなのだ。

Photo_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2007

FC東京U-18 3-3 浦和レッドダイヤモンズユース

大分までは行けないので、チャリで小平まで行ってきた。

父兄の方々の解説つきでw、トップなんかよりよっぽど面白かったよ。

Photo_1

Continue reading "FC東京U-18 3-3 浦和レッドダイヤモンズユース "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2007

FC東京2-1磐田(ナビスコ杯)

雨の国立はやっぱりゲンがいい。

京都にやり込められた川向こうのチームに感謝。

出来としてそれほどいいということでもなかったが、とりあえず今は勝つ感覚を取り戻すことが先決だな。

Continue reading "FC東京2-1磐田(ナビスコ杯)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2007

ファンタジーサッカー第5節

今節もひどかったね。土肥ちゃんもマコちゃんもでなかったし(怪我人情報は集めないといかん)、金なんて退場だからお話にならない。ストヤノフ様がいなかったら今頃どうなっていたことやら。それにしても、石原いいね。
一応、東京のプレーヤーを最低何人いれないといけない、という掟はなしということでやっていきます。
【掟】・浦和の選手は死んでも使わない。
   ・陽平は何があってもレギュラーで使い続ける。
   ・好きだから4バックにこだわる。
   ・当節の東京の対戦相手からは選ばない。

第5節結果
GK 土肥(東京)…0fp
DF 田中誠(磐田)…0fp
   金沢(東京)…1fp
   徳永(東京)…1fp
   ストヤノフ(千葉)C…20fp
MF 梶山(東京)…5fp
   中後(鹿島)…6fp
   石原(甲府)…9fp
   金正友(名古屋)…0fp
   藤本(淳)(清水)…4fp
FW アルベルト(甲府)…4fp
   
合計50fp  通算232fp
2193/4596位(エントリーリーグ・東京地区)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2007

盧家麺(ルージャーメン)@幡ヶ谷

Rujanmen

久しぶりに食い物のエントリー。

前から気になっていた黒酢ラーメンの看板。どんなラーメンか怖いもの見たさで食べてきた。

以前は渋谷にあったらしい。店の内装からしても所謂ラーメン屋というよりは中華料理店の趣。店名のついた黒酢盧家麺(ルージャーメン)(850円)を頼む。ときたまごの入った餡がかかっている。飲んでみると確かにすっぱい。疲れた体(日曜のフットサルの疲れが全然抜けないよ)にはいいかも。結局全部飲んでしまった。ただ、スープの深みという意味ではどうだろう。やっぱり際物っぽいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2007

やっぱ愛だろ

週末のひどいゲームの後の一週間、精神的にダウンでスタートするのは非常に厳しい(あっと、今週はミッドウィークがあるんだった!)。アウェーのときに飛びに行ったりしてガス抜きをするから何とかなっているが(ちなみに土日は伐採地三昧だったらしい。ちっ)、それでも高い金を払って観に行っているわけだし、気分を害するためにお金を使う人もまずいないだろう。で、オイラはこんなときには、よく淀川長治さんの言葉を思い出すのだ。
日曜洋画劇場(テレビ朝日系列日曜22:00~)の案内役を長く勤められ、もう既にお亡くなりになっているが、そのヨドチョーさんがこの番組の何回記念か何かのときのインタビューで語っていたこと。
「いろいろな映画が放映されるけれど、中には本当にどうしようもない作品というのも紹介しなければならないときがあるでしょう、そんなときはどうされているんですか」というちょっと意地悪なインタビュアーの問いに対して、ヨドチョーさんは答える。「確かにひどいのはたくさんあります。大概その手の映画は監督や出演者は無名で、シナリオもだめでしょう。でも、どんな作品にもなにかいいところというのがあるはずなので、それを探して紹介するんです。たとえば主演の女優のこのしぐさがいいとか、舞台の町並みがいいとか、とにかく何か探して褒めてあげるんですよ。」(こんな趣旨の事です)
仕事とはいえ、視聴者に対する責任と映画に対する懐深い愛情があるからこそ、どんなクズ映画も見捨てないんだな。
厳しいことも言うけどね、大事なのはやっぱり愛情ですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2007

FC東京1-3新潟

さてさてさて。

バスの台数を数えたら13台並んでましたよ。新潟サポにも東京バッグの大盤振る舞い。おまけに勝ち点3のお土産まで。21,000の数字もアウェー様様です。

コンテンツそのものの価値が問われ始めていることにフロントは気づいているのかな。

Continue reading "FC東京1-3新潟"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2007

営業努力

今朝、駅前でビラを配っているので、選挙運動か何かかなと思ったら、FC東京のスタッフだった。わざわざビラをもらいに戻るわけにもいかず改札をくぐってしまったので、何を配っていたのかは分からないが、おそらく週末のゲームへの誘致が目的なのだろう。それにしても、あわただしい朝っぱらから通勤客相手に何てことしてるんだろうと思ってしまった。もう少しやり方を考えた方がいい。ハッキリ言って何をやっているのかがパッと見分からんし、空気読めって感じ。誰もが急いでいる中、ただの中年のおっさんなんて見向きもされないんだから。せめてやらせのメイドぐらいは用意しないとw。
彼らは彼らで、できる事をやろうとしているのだろう。気持ちは分かる。でもね、もう少し考えようよ。せっかくこれ立ち上げたんだしさ(これについては、ちょっと思うところがあるのでまた後ほど)。でも実際のところ、集客に関して言えばやっぱり『勝利』に勝る薬はないですよ。

ところで、選挙運動といえば今度の日曜は投票日ですが、オイラは多数派ではないのでやっぱ外山かなw。ドクター中松よりは票を取らせてやりたい。
あ、選挙が多数派のためにあるシステムだという彼の主張は間違っているんだけどね。
これ以上は、長くなるし過激にもなるので止めときます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2007

ファンタジーサッカー第4節

今節もひどかったね。ジョーが出なくて、盛田はやっぱり電柱だった。マコ様さまさまですよ。立場上、柏の選手は使いたくなかったし。あ、これは掟か。いつか掟で身動き取れなくなるな。
それにしても、好調を維持し続けるのか、それともパッタリ止まってしまうのか、fpの予想はなんかパチンコ台の見極めに似ている。
【掟】・浦和の選手は死んでも使わない。
   ・陽平は何があってもレギュラーで使い続ける。
       ・好きだから4バックにこだわる。
(追加)・当節の東京の対戦相手からは選ばない。

第4節結果
GK 土肥(東京)…5fp
DF 田中誠(磐田)C…14fp
   金沢(東京)…0fp
   徳永(東京)…4fp
   盛田(広島)…-1fp
MF 梶山(東京)…2fp
   本山(鹿島)…3fp
   石原(甲府)…6fp
   金正友(名古屋)…4fp
FW 佐藤(寿)(広島)…3fp
   黒津(川崎)…2fp
合計42fp  通算182fp
2202位/4390(エントリーリーグ・東京地区)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2007

魔の水曜日

今日も録画予約を忘れた。MXでやる事を知っていたにもかかわらず、だ。ココログのメンテが入った所為かも知れない。いや、ショックウェーブの“ともだち”ゲームの所為かも知れない。最近、違うところに関心が向いてしまうと戻らなくなってしまう。ベッドに入ってうとうとし始めたときに、あ、録画しなきゃと記憶が戻ったが、そのまま寝入ってしまって、朝はすっかり忘れている。このままだと、ミッドウィークの味スタの日すら忘れてしまうのではなかろうか。ありがちなのはチケ忘れて家を出るとか。
【教訓】思いついたら即実行。
なんとかしないと。
いや、とりあえず今日どうするかだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2007

自律した週末

日立台のチケ争奪に早々と破れたので、6時に起きて山に向かう。もう少し晴れ間があるかなと思ったけれど、ついたら一面雲に覆われている。時折薄日も差したが、時間がたつにつれて雨の気配が強くなっていく。

お客さんも両手が余るほど。こちらも寒々しい。スピードパラのゲレンデ探してるばやいでもないと思うのだが…。

日ごろの運動不足解消のために師匠とTOまで空荷で登山。お昼近くになってサーマルが立ち始める。気温が低いので、ちょっとした温度変化でも上がってくるのだろう、大きさも勢いも意外としっかりしている。トップは200m程度。でも、寒すぎ。低いところでネチネチまわして遊ぶ。金山から500m上げ戻したのは気持ちよかったな。

南郷温泉で登山の疲れを取り帰宅。神戸vs鹿島をBSで観戦。

結果を知る。

この一点だけで気分が悪くなるのはどうしようもないな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »