« ファンタジーサッカー第5節 | Main | FC東京U-18 3-3 浦和レッドダイヤモンズユース »

April 14, 2007

FC東京2-1磐田(ナビスコ杯)

雨の国立はやっぱりゲンがいい。

京都にやり込められた川向こうのチームに感謝。

出来としてそれほどいいということでもなかったが、とりあえず今は勝つ感覚を取り戻すことが先決だな。

伊野波の出場停止、五輪組の離脱といった状況が生み出した産物とはいえ、結局このチームは藤山であり浅利なのかと思うと複雑な心境になる。磐田の出来があまりよくなかったということを割り引いても、2005年仕様のチームの方がまだ戦えるなんてね…

前線、中盤からの守備がしっかりしてさえいれば、生垣みたいなCBでも十分対応できる。東京がいいときは前からの守備がいいときだし、中途半端に出てくる磐田にはまずまずプレスも利いていたから、全体を押し上げることもできるし、セカンドボールへのアプローチも早くなる。後ろにボールを下げるシーンが少なかったのも、サポートがしっかりできていたということだろう。攻守の切り替えが遅くて中がいないシーンも結構あったけれど、ボールを奪った時の攻守のスイッチの切り替えをもっと早くしていけば決定機はもっと増えていくだろうな。結局、「昔の型」が一番しっくり来ているのさ。ポゼッションで仕掛けて崩すのは確かに理想だけれど、今それを求めるのは時期尚早なのだ。しっかり守ってショートカウンターでいいじゃないか。メンバーが揃ってくれば、コンディションが上がってくれば、勝ちながらコミュニケーションが取れてくれば、その時こそ次のステップに進めばいい。(とはいえ、サッカーの質的側面を見たときに、甲府に大きく遅れを取ってしまっていることに愕然とするのだ)

ただ、指揮官がどう思ってるかは?だね。ノリオの投入も全く意味が分からなかったし、ちょっぺと平山を入れれば何とかなるみたいな発想でゲームを壊すことだけはやめて欲しいもんだ。

|

« ファンタジーサッカー第5節 | Main | FC東京U-18 3-3 浦和レッドダイヤモンズユース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/14675130

Listed below are links to weblogs that reference FC東京2-1磐田(ナビスコ杯):

« ファンタジーサッカー第5節 | Main | FC東京U-18 3-3 浦和レッドダイヤモンズユース »