« 営業努力 | Main | やっぱ愛だろ »

April 08, 2007

FC東京1-3新潟

さてさてさて。

バスの台数を数えたら13台並んでましたよ。新潟サポにも東京バッグの大盤振る舞い。おまけに勝ち点3のお土産まで。21,000の数字もアウェー様様です。

コンテンツそのものの価値が問われ始めていることにフロントは気づいているのかな。

帰宅して浦和vs磐田のゲームを見ていて、いずれのチームも自分達の色を出してワクワクするサッカーをしていたよ。特に磐田は個と組織が融合し始めていて、シンプルなパス交換でサイドを攻略していた。結果は2-1と浦和がしぶとく勝ちを拾ったけれど、なぜホームで無敗を続けることができるのかも何となくわかる。

他人の芝生は青く見えるとはよく言うけれど、味スタの芝はおかしいな。あれほど選手が滑るのは何かあるよ。これでは『ホーム』の意味がない。

レフェリーの話は、やめておこう。ただ、これにもホームアドバンテージは存在しない。

で、問題のゲームなのだが、どうも選手がフィットしてない。特に、伊野波とノリオは使いどころに納得できなかったな。

CBの問題が解決されないので止むを得ないと言ってしまえばそれまでだが、シーズン早々崩壊してしまったDFをポリバレントで凌ぐなら、今野をCBに入れたっていいじゃないかと思うのだよ。最終ラインが不安定なら、中盤の敵のボールの出所を徹底的に潰すやり方だってある。その意味では伊野波は機能するだろうから(昨年実証済み)、そういう使い方をすべきではないのか。

伊野波は入団当初視野が狭く足元があまり上手くないなという印象だった。それは今でも直っていないと思うのだけれど、今日のようにフェイントにあっさり振り切られるようでは最終ラインは勤まらない。まぁ、坂本隊長の倒れ方も上手かったけど、掴んだのは事実だし、自分がすでに一枚貰っていることを認識しているプレーではなかった。熱くなりすぎて状況がすっとんじゃうみたいだね。猛省を促したいよ。

攻撃においては、相変わらずナオとのコンビネーションが悪い。噂ではナオが伊野波のことを認めていないからというのだが、本当のところはどうなんだろうか。確かにナオが出てくるまでは積極的に前へ出て行ったし、悪くなかった。どうもスッキリしない。

ノリオについては、戸田との比較において守備力、機動力とも足りない。それは分かりきったことだが、それを補って余りある何かがあるのか?ということ。今日のオウンゴールを生んだシュート性のクロスをもっとばかすか上げなければいけないのに、攻撃への寄与度は低くかった。完全にプレーが読まれてる。終盤は燃料切れで守備のチェイスもしないし、逆サイドにボールがあるときはたらたら歩いている。SBなんてもっての他だ。気の違った指揮官のおかげで最後までピッチに立ち続けたが、電柱を入れる前に小僧なり栗に代えるべきはノリオだった。

最後はトチ狂った指揮官がバンザイ特攻を敢行。シオのおかげでこの点差で済んだが、とことんやられるまで動かないなんて、夏休み終盤の小学生みたいだwww。とにかく、頭の悪いサッカーって言うか、動かないし、敵の嫌がる動きが全くできていない。相手に研究されている中、いかに裏を突いていけるか。個人戦術をもっと高めていかないと。組織としても訓練されていないし。序盤で1勝4敗では、今年も降格争いを心配することになりそうだな。

賛否の多い俺の陽平だが、今日はまずまずだったと思う。プレーの精度にむらはあったが、よく最後まで走ってボールに絡んでいた。10人で11人分をやったんだ。その頑張りは認めてやりたい。特に、前半20分に長いスルーパスを右アウトにかけて送り出したところなんかは、ルーカスには通らなかったけれど非凡なものを感じさせてくれた(通ればワールドクラスだな)。今日はこのワンプレーだけで満足することにした。

【おまけ】今日のお隣さん

俺の陽平に向かって「梶山なんて駄目だから何で栗澤にかえないんやろ」って、もう3人交代してますから。ハンドっぽいプレーを何度も見逃した山西に対して「どこみてんのや」って、お前の方こそゲーム見てないやろ!

|

« 営業努力 | Main | やっぱ愛だろ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/14597029

Listed below are links to weblogs that reference FC東京1-3新潟:

« 営業努力 | Main | やっぱ愛だろ »