« ブラッド・ダイヤモンド | Main | ファンタジーサッカー第7節 »

April 22, 2007

FC東京1-0横浜FC

いいプレーもあったし、全く意思の疎通がなかったプレーもあったし、ルーカスが決めるところを決めてくれればもっと楽なゲームになったと思うのだけれど、それでも何とか勝ち点3が取れたことが最大の収穫。危ないシーンは何度かあったが相手のミスにも助けられて、2試合連続の無失点は自信になるだろう。伊野波を使うより、今野のCB、徳のSBの方が安定感がある。浅利のアンカーも効いている(ちょっと位置が低すぎるのが難点だが)。それ以上に、とにかく藤山が素晴らしすぎる。藤山の鋭いインターセプトだけでも3杯はいける。しばらくはバックラインを楽しみに見て行きましょうか(モニも戻ってきたしね)。

100nikondscn0541_dscn0541

えふしー(笑)も辛いですな。後半は完全に負け組のメンタリティに入ってしまったし、サポのガスも抜けませんでした。にしても、この弾幕断幕のセンスはいかがなものか。

【追記】あの“アナザーワールド”と揶揄された穴沢が、このゲームに関してはいいレフェリングをしていたように思う。程度問題といわれればそれまでだが、少なくともここ数試合の中では一番ストレスを感じさせなかった。最低でもこのぐらいのレフェリングで統一して欲しいものである。

|

« ブラッド・ダイヤモンド | Main | ファンタジーサッカー第7節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/14814217

Listed below are links to weblogs that reference FC東京1-0横浜FC:

« ブラッド・ダイヤモンド | Main | ファンタジーサッカー第7節 »