« ホムスタ | Main | ファンタジーサッカー第8節 »

April 29, 2007

神戸0-0FC東京

ゲーム前、家本ルーレットがとうとう回ってきたことで、何か起きないかと心配したが、結果的にはホーム側が割を食ったらしく(前半終了間際のCKで神戸側がアピールしていたのがなんだったのかよくわからなかったのだが、どうもゴールラインを割ったのではないかということ。家本が見逃したらしい。この他にもジャッジはあまり安定していなかったが、荒れたゲームではなかったので無難に終わった感じ)、東京側には不発に終わってよかったね、ということだった。

それにしても、双方守備意識が高く、かつ攻め手に欠けるためにこの結果に終わったわけだけれど、東京は徐々に良くなって来ている感じはした。まずは守備の安定。浅利をアンカーとした守備組織も機能してきている。時折混乱するところもあるが、敵のミスにも助けられて何とか無失点で切り抜けているのは評価できる。藤山と今野がポイントポイントで前へ出て浅利がカバーしきれない危機を摘み取っている。ここで、モニが復帰してきた時にどうするかが注目だね。

問題はこの守備から攻めへの切り替え。やや、低めに構えているからスピードが遅くなるのは仕方のないことかもしれないが、選手間に前への意識に温度差があるような気がした。受け手と出し手の意識のずれが見られる。点を取る、という目的意識が低い。シュートが撃てるのに撃たない。この辺は技術的、戦術的な問題ではない。昨日のゲームでは、ゴール前でシュートコースが見えたにもかかわらずパスを選択したナオが象徴的。G裏から一斉にシュート撃ての声が上がる(話は違うが、やっぱりアウェーのG裏は一番ストレスがないね)。決めてやるという強い気持ちがない。より確実な方法を選択してパスミスになっては元も子もないだろう。まぁ、シュート撃っても枠に飛ばないんでは話にならんがね。

前節、守備ラインのバランスを崩すことを極端に怖がっているように見えた。でも、攻めに出るときはやはりリスクを負わなければならない。その見極めと、出て行ったときに必ずフィニッシュで終わるということを徹底することが大事なんだろうと思う。FWが機能していない今の東京にとって、2列目3列目の追い越しが攻撃の鍵を握っている。その意味で、今野を最終ラインに置かなければならない状況は面白くない。

陽平、もっとミドル撃て。

|

« ホムスタ | Main | ファンタジーサッカー第8節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/14885739

Listed below are links to weblogs that reference 神戸0-0FC東京:

« ホムスタ | Main | ファンタジーサッカー第8節 »