« きちゃった | Main | 開幕スタメン予想 »

March 01, 2007

U22日本代表3-0U22香港代表

機能しない3トップ。大事に行き過ぎて好機を逃し、慌てず冷静にやればいいのに焦ってミスをする。危機感もなく、ゆるすぎるプレーが相手に付け込まれる隙を造る。

風邪をこじらすかもしれない危険を冒してまで見に行くものだったのか?否、冗談ではない。前半の後半部分などは、明らかに気持ちで押されていた。これでアジアの厳しい予選など乗り切れるはずもない。いみじくも、試合後の会見で、反町は「収穫は勝ったことだけ。勝ったのにガッカリしている」と吐露している。

それでも見に行ったのは、先週欠けていた3人のコンディションが見たかったからだ。その部分においては、それぞれ課題はあるものの元気でやっていたのでとりあえず安心した。

平山はコンディションそのものはよさそうに見えた。ただ、プレーに迷いがあり、それが判断スピード、プレースピードに影響してしまっている。特に、後半15分、比較的フリーでボックス前でボールを受けた時、前を向けたにもかかわらず左にパスを出して敵にみすみす取られてしまったプレー。そこは、ゴリゴリドリブルで突進し右足を振りぬくところではないのか。原さんから毎日練習するよう言われているヘッドも全くなっていない。GKにパスするようでは、論外もいいところだ。

陽平はボランチの位置から顔を出し、ボールによく絡んでいた。パスミスも多かったので、絶好時の印象ではないものの、代表チームという性質を考えれば、まずまずの貢献度ではなかったか。点を決めたシーンなどは東京でもよく見るパターンだが、東京に戻ったら今季はもう一列前でのプレーになるだろうから、もっと敵の最終ラインを崩す動きやパスが要求されるだろう(レギュラーが約束されているわけではないですがね)。

イノは相変わらず力みすぎの感じ。確かにキャプテンマーク巻いて責任感じているのかもしれないが、もっと余裕を持って周りをよく見ないとね。相手が1人退場になってからは、点差、電池切れもあってハーフコートゲームになったが、前半でも、もう少しラインをコンパクトにしていっても良かったのではないかという気がした。戻ってきたらSBが主戦場になるだろうから、今日のプレーも参考まで。でも、東京の4バックはいきなり競争率が高くなっている。イノが一番厳しいかな。

まぁ、代表チームは3トップが完全に失敗しており、カレンとただなりが、戸惑いながら前線をさまよっていたのが印象的だった(平山の1点目、ラストパスはカレンからだったが、あれが彼の本来の仕事なのか?)。この2人が下がってサイドが活性化したのは必然。セットプレーからの得点もなかったな。香港相手に“3点”はいただけないだろう。反町はもっと現実を見るべきだ。そして、選手達はプレー一つ一つの精度を上げる努力をしなければ、北京は見えてこないと思う。

いや、えらそうなこと言ってるけど、別に代表はどうでも良くて、ゲーム土曜日なんだから早く交代させてくれないかなと思いながら観ていたオイラであった。

|

« きちゃった | Main | 開幕スタメン予想 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/14084403

Listed below are links to weblogs that reference U22日本代表3-0U22香港代表:

« きちゃった | Main | 開幕スタメン予想 »