« 開幕スタメン予想 | Main | スピード・パラグライダー(日本名) »

March 04, 2007

FC東京2-4広島

さてさてさて。

4点失ったことを思うべきか、それとも2点取ったことを喜ぶべきか。

出して欲しいといった以上、この結果は致し方ない。高い授業料だったな。どれだけ、心理的なダメージが残ったのかはちょっと心配だが、吉本にはいい勉強になったことだろう。トップ登録されていきなり開幕スタメンで言い逃れのできない結果だけが残る。プロとはかくも厳しい世界。そのことを肝に銘じて精進して欲しい。

ただ、引きずられるように伝染してしまったDFブロックはなさけない。伊野波も相変わらず回りが見えなくなるときがある。それでも代表のキャプテンか、と言いたくなる。そのグダグダの中で、ミスター・トーキョーは頼もしかった。入った途端にバックラインが落ち着き、しかも的確なアプローチで危険の芽を摘み取り、攻撃の基点を作り出す。今でも確実に進化し続けている。フミタケが去った後、東京の精神を継ぐのは彼しかいないことを確信する。

攻撃面では、相変わらずルーカスの個人技頼みは情けないが、唯一前半10分過ぎぐらいの、ナオが大きなワンツーで裏に抜け出したプレーが救いだった。五輪組は明らかに疲れが残っていたし、今野も病み上がりのせいか精彩を欠いていたし、福西(確かに効いてました)も最後攻めに出たはいいが電池切れに近く、早くも一杯一杯になってしまった。やられてやっと目が覚めるのも昨年を引きずっている。選手が変わっただけで、やっていることは2年前とそんなに違いがないように映ったのは気のせいだろうか。サッカーは相手があって成立する。自分達の都合だけ押し通すことはできない。想い上がりとは言わないが、自分達のペースばかりに頭がいって、いざ敵にボールを奪われた時(その逆も実はそうなのだが)の切り替えがまったくもって遅い。頭の切り替えも、その結果としての動作も、遅すぎる。次に何が起こるかのイマジネーションが攻守において貧弱なのだ。

今回の失点は組織的に崩されたわけではない。4点とも単なるポカ(最後のウェズレイはパニクってたかなぁ)だ。ラインコントロールとマークの確認という至って基本的なことを徹底すればいい。だが、創造的な攻撃、あるいは守備に対して、こんなサッカーでは到底太刀打ちできない。サッカーは選手個々のセンスや技術だけで勝てるもんじゃない。もっと頭を使わないと駄目だ。

ナオの追越が、今季の光明とならんことを。

|

« 開幕スタメン予想 | Main | スピード・パラグライダー(日本名) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/14135317

Listed below are links to weblogs that reference FC東京2-4広島:

« 開幕スタメン予想 | Main | スピード・パラグライダー(日本名) »