« ボーっとはしていなかったが | Main | 君は許せるか »

March 18, 2007

FC東京0-1磐田

さてさてさて。

罰が当たったといいましょうか、やる気あるのかね、ほんとに。

磐田だってボールを持って回してはいるがフィニッシュに程遠い組み立てだったし、東京はボールを奪う位置が深すぎて早い攻めが全くできなかった。ゲームが硬直すれば、前節のようにセットプレー勝負かな、と思った矢先の退場劇。戦力の均衡が崩れることによって、両者に微妙な変化が生まれたことは確かなようだった。敗戦の原因はすべてここにあったのかもしれない。選手のコメントを見ると、相手が10人になって慎重になりすぎたみたいな話があったけれど、よっぽどカウンターが怖かったと見えて、バックの4人はほとんど動かずじまい。リトリートしてくる相手をいかに崩すかは、以前からずっと繰り返している課題だし、サイドを深くえぐったり3列目から追い越してきたり工夫がいるのに全然動かない。案の定注文どおりにセットプレー一発で失点してしまう。

なかなか点が入らないもんだから、ベンチは調子がそれほどよくない平山をナオに代えてピッチに送り込み(平山大作戦なのに放り込む人間がいなくなっちゃってどうするの)、しまいにはワンチョペをハプニング頼みで投入する始末。これほどむちゃくちゃで無軌道な采配とゲーム運びを見たのは久しぶりだな。情けない。

負けたことに憤っているわけじゃない。そのプロセスに納得がいかないんだ。ベンチ入りのメンバーからして疑問が多いしね。このゲームの収穫といえば、ワンチョペを干すのにいい口実になったってことぐらいでしょう。長いシーズン、こんなゲームもあるさ、の典型です。

次、次!

|

« ボーっとはしていなかったが | Main | 君は許せるか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/14308688

Listed below are links to weblogs that reference FC東京0-1磐田:

« ボーっとはしていなかったが | Main | 君は許せるか »