« 黙々と滑る | Main | 東芝19-10トヨタ自動車 »

February 26, 2007

所詮練習試合

さてさてさて。

磐田同窓会と化した練習試合は、はやる東京サポーターの気持ちとは裏腹に、マッタリとしゲーム展開になった。そのなかで、前半は正に「福西オンステージ」。お披露目でいきなり東京サポーターの気持ちを鷲掴みにするとは、“さわやか893”の名は伊達ではない。相手の出てくる気持ちを逆手に取ったボールコントロールといい、昨年の悪夢のような蠍ヒールの再現といい、最後は自分が出したパスのリフレクションが土肥の逆を突いてゴールに入ってしまうというほぼオウンゴールまで飛び出す始末。大いに楽しませていただきました(本番だったら笑い事じゃないけどね)。

システムは栗澤がやや前目に構える4-2-3-1(福西のワンボランチっぽく見えなくもなかった)。どのように切り崩していくかのイメージがまだできていない印象だった。特にサイドはナオと信男さん、ノリオが入れ替わったりしていたが、完全に崩す形は少なかった。シュートも少なかった。

それにしてもワンチョペ。どうするんだろ。平山の方が評価が高いのは納得だな。ルーコンがお休みだったので、その辺も影響しているのではないかと思うが、ちょっと心配。昇格組の森村はいきなりトップ下で抜擢。まずまずボールに絡んでいたが、決定的な仕事はできなかった。一方の吉本は合格点だろう。ヘッドでの競り合いが強く、出て行くところ引くところの見極めも良かったと思う。ただ、相手の攻撃があまりに貧弱だったので参考にはならないかも。金沢も無事復帰をはたしたが、ゲーム勘はまだ戻ってきてない感じ。

開幕を控えてこの調子で大丈夫かと心配にもなるが、レギュラーが5人も不在だとこれも仕方がないのかなぁ。でも、シーズン途中では確実に今日のような状況になる訳で、それなりの覚悟をしておいた方がいい、ということか。相変わらず攻撃で苦労しそうな予感がする。

ところで、一応相手はヴェルディだったわけだが、“ダービー”という感覚が全くなかった。相手がJ2というだけではなく、張り合うだけの価値が見出せないチームになってしまったせいだろう。恥も外聞もなく選手をかき集めて、ヴェルディのDNAはどこに逝ったの?ってな感じのチームづくりとゲーム運びにはガッカリ。縦一本の単調な攻撃といい、すぐ電池が切れちゃうボランチといい、厳しいJ2をこれで乗り切れるんでしょうか。昨年の反省は全く生かされていないように見えました。まぁ、ひとごとですからどうでもいいことですけどね。

|

« 黙々と滑る | Main | 東芝19-10トヨタ自動車 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/14047129

Listed below are links to weblogs that reference 所詮練習試合:

« 黙々と滑る | Main | 東芝19-10トヨタ自動車 »