« 間の抜けた週末(終末) | Main | 牡蠣のオリーブオイル漬け »

January 18, 2007

これにて打ち止め

あっけなく終了しちゃいました。戦力的に大丈夫なんでしょうか。確かに目玉は来ましたよ。でも新加入選手は不確定要素だし、特に最終ラインとボランチは不安が一杯。毎年毎年怪我人で泣かされている訳で、この陣容で行くなら、土斐﨑フィジコ(出戻りなんですね)に期待するしかなさそうです。
さて、往く人くる人、これまで支えてくれた2人についてちょっとコメント。

16宮沢正史 
02-04にかけて東京の中盤を支えてきた、まさしく「中軸」プレーヤー。彼の左足から繰り出される長短のパスに、何度オーという歓声を上げたことか。特に、石川と戸田を活かすためには、彼のパスなしでは考えられなかった。FKからの得点はそれほど多くはないけど、もともとFK職人的な選手がいなかった東京においては、最も期待の持てるプレースキッカーでもありました。

04年序盤戦、宮沢自身が一時期スランプに陥りスタメンにも入れなくなった時があった。復帰してきたゲームの観戦記を紐解くと、

6/19 vs名古屋
70分フミタケアウト、宮沢イン。G裏からこれまで以上に大きな音量で宮沢コール。みんな待ていたんだ、君のことを。思わずウルウル。

このあたりから明確に“宮沢・ラヴ”が始まったんじゃないかな。
このあと徐々に調子を上げていき、誰が見てもダメダメなところからは立ち直ったのだが、

11/6 vs大分
宮沢にしてもキックの精度、展開をもっとしっかりやっていかないとレギュラーは厳しい。浅利が本調子になれば、またサテライトに逆戻りになってしまうだろう(その前に梶山か)。

プレーに対する要求レベルはどんどん上がっていくのだが、それ以上の成長がなかなか見られず、結局05年は梶山、今野にレギュラーの座を奪われてしまう。
以前にも書いたけど、左足は彼の武器でもあり欠点でもある。彼が中盤でボールを左足に持ち替え、身体の向きを変えるたびにパスを出すタイミングがずれていく。時間が制約される現代サッカーの中盤において、どんな状態からもパスを繰り出せないと厳しい。センスを活かすには技術が必要だ。90分間フルでボールを追えないスタミナ、ミドルシュートの精度、得点に絡む追い越しプレー。彼がワンランク上のプレーヤーになるための課題は明確だった。でも、そこで伸び悩んだのは、彼がプレーヤーとして既に完成されてしまっているということなのかもしれない。そこが今回袂を分かつことになった最大の原因なのだろう。
大分が宮沢をどう活かしてくれるのかは楽しみだ。好きな選手だけに、是非頑張ってほしいと思う。

13戸田光洋
笑っていられたのも去年までなのです。クラブが本気になった以上、点を決めることが出来ないFWに用はないのです。あれだけのチャンスを迎えながら、空振ッたりカスッたりダフッたりポンポコピーをやってこの成績では、放出もやむなしです。むしろ、よくぞ清水が取ったなと感心して褒めてやるです(しかも完全で。でも、ホントにどうやって使うつもりなんだろう)。
今回の移籍は、彼のためにとっていいことだと思うのです。選手として成長するには、東京は居心地が良すぎるのです。特にサポは甘やかしすぎでした。オイラは前線でボールを追い掛け回す姿に、いつしか“ジョン”と名づけていました。何事にも全力で突っ込み、足がつるまで走り続けるプレースタイルは、中坊サッカーの魂を受け継ぐ唯一の選手でした。そして、シュートを外してもなお笑える貴重な選手でもありました。何で笑えたんだろ。とにかく愛すべき選手なのです。なぜかゴール前でいいところにいるのです。そして決められない。彼の場合も課題はハッキリしている。その課題さえ克服できれば、空恐ろしいストライカーが誕生するのに。東京ではそれが出来なかった。清水で開花する事にでもなれば、それこそ東京のコーチ陣は何をやっていたのかって事になる。確変に入っても東京とやるときだけはお手柔らかにお願いします。

最近のファンは、戸田がシュートミスするとかなり怒ってた。でも、それが当たり前の反応なんですね。電柱だったらオイラも素直に怒れそうです。

|

« 間の抜けた週末(終末) | Main | 牡蠣のオリーブオイル漬け »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/13511561

Listed below are links to weblogs that reference これにて打ち止め:

« 間の抜けた週末(終末) | Main | 牡蠣のオリーブオイル漬け »