« 説得というより説教 | Main | 間の抜けた週末(終末) »

January 10, 2007

年明けの状況

さてさてさて。
年が明けて一気に動き出した感がある。

IN
エバウド  (グレミオ)
阿部勇樹 浦和?
鈴木慎吾 新潟残留
坂本将貴 東京もしくは新潟(新潟有力?)
八田康介 (広島)
OUT
藤田 東京V(完全移籍)
ササ ハグアレス・チアパス(メキシコ)(レンタル)
宮沢 大分(完全移籍)
増嶋 甲府(レンタル)
阿部(吉) 柏(レンタル)

指揮官の意気込みとは裏腹に、補強は思うようには進んでいませんね。
守備組織の強化がチーム成績にダイレクトに跳ね返ってくる近代サッカーにおいて、勝つ事を主眼とするならばディフェンスブロックは真っ先に手をつけなければならない部分。昨季の成績を見てもディフェンスの立て直し、強化が最優先課題なのに、人は出て行く一方。獲得できたのはジャーンの後釜であるエバウドと広島から来た八田(ヤツダと読む)だけ。今年も藤山フル稼働を前提としたスタッフィングではないか(笑)。
ただ、冷静に考えてみれば
左SB 金沢、藤山、鈴木、今野、伊野波、(坂本)
CB 茂庭、エバウド、八田、伊野波、今野、吉本、浅利、(坂本)
右SB 徳永、藤山、伊野波、今野、(坂本)
と、DFラインに入れる選手はこれだけいるし、皆それなりの実績を持っている(八田はなかなかゲームに出られなかったようだが)。狙っている坂本も基本はMFだが、DFの経験もある。伊野波と今野がDFラインに入れることを織り込めば、多少バックアップに不安があっても乗り切れるという腹なのだろう。なにせ、今野は代表のCBだし、伊野波>増嶋なのだから。
それにしても、今野に対する依存度が高いな。今野がダウンもしくはシーズン途中で海外移籍でもしたらどうすんだろ。今年は北京五輪の予選で伊野波、梶山も不在&オーバーワークが懸念される(選ばれればの話)し。池上あたりの奮起を促したいところだが、やっぱり動けるボランチがあと一枚欲しいね。

それにしても、新指揮官はやる気だね。頼もしい。チームを選手達のことを分かっているからこその発言だよ。やっぱり、昨年はなんだかチームが緩んでいたんだね。ガーロの難しいサッカーがモチベーションを落としてしまっていたのかもしれない。気合入れ直して、一昨年出来なかったこと達成して欲しいと思う。少なくとも戦力は整いつつあるのだから。

|

« 説得というより説教 | Main | 間の抜けた週末(終末) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/13428353

Listed below are links to weblogs that reference 年明けの状況:

« 説得というより説教 | Main | 間の抜けた週末(終末) »