« 早大43-21明大 | Main | GV忘年会 »

December 08, 2006

ある知人サポからのメール

【受信】

さて..

結局、また、原さんの登場ですね。

もしかしたら、岡ちゃんの登場かも

と期待していたので、期待半分という感じですね。

ちょうど一年前、何が欠けていて原監督を変えたのか、

どんなチームを作り、どんな選手を

取っていくのか、サンパウロの大型FWを取り損ねたり、

ジャーンも放出だし、何か、骨太のチーム像が

ないまま、迷走しているような気がします。

原さんで、13位が、8位くらいになる気は

しますが、それ以上は、あまり予感がありません。

ひつじさんは、どう見ていますか?

【返信】

お疲れさまです。

あと2勝してれば7位だったんですけどねw。

05年原さんが目指したのは「バルサ的」サッカー(笑)で、選手のクオリティがついてこなかったり、怪我人続出だったり、補強されたダニーロやササが不発で、結局上手く回らなかったんですね。

前半戦の躓きが響いて、中位に終わったわけです(今年もそっくりでしたね)。

特に05年は引き分けが多かった。攻め切れなかった。攻撃サッカーを標榜した割りに点が取れなかった。

(05年43得点40失点→06年56得点65失点)

今季は点は取れているんだけど、失点(負け試合)が格段に増えてしまってます。

失点の多くはカウンターとセットプレーだと思いますが、集中力の問題で防げる失点も多かった。

でも、そうは言っても、茂庭の負傷が一番大きかった(マッスウがもっと使えていればここまでひどくはならなかった)と思いますよ。さらにジャーンの衰えもここに来て目立つようになってきました(相変わらずヘッドは強いですが)。退団もやむなしといったところです。

また、GKも、土肥から塩田へのスイッチも妥当なタイミングだったのではないでしょうか。

ところで、今季最終節に見せたサッカーは東京が目指すべきひとつの形だと思います。システムは4-1-4-1(あるいは4-3-3)。原さんがやろうとして果たせなかったサッカーの原型のようなものです。05に比べて、陽平、小僧といった若手の成長が見られる分、多少期待が持てるかなと思います(2年前は栗澤が仮想凸(爆)でした)。

ただし、レギュラークラスに大きなフィジカル・トラブルが発生しないこと。発生したときのバックアップが確立していること、この2点が大前提です。毎年これで苦労している。来年こそは何とかして欲しいところです。これは、監督というよりはクラブの体制の問題ですね。

原さんが選手の個性を活かした楽しいサッカーを志向している事は分かっているので、あとはそのプロセスが納得行くものであれば、オイラ的には全然問題ないです。リーグ優勝を真剣に(爆)狙うのであれば違う選択があったはずですから。でも、クラブはそういう方向には行かなかった。順位は結果ついてくるものとして割り切って、楽しいサッカーを見せて欲しいものだと思います。

P.S.おっと。クラブは本気らしいよ。こちとら、端から期待はしちゃいないがね。それにしても、「ハラに電柱」は禁忌か。心中だけはご勘弁を。

|

« 早大43-21明大 | Main | GV忘年会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/12973693

Listed below are links to weblogs that reference ある知人サポからのメール:

« 早大43-21明大 | Main | GV忘年会 »