« 死ぬかと思った | Main | 早大43-21明大 »

December 04, 2006

大分0-1FC東京

さてさてさて。

長いリーグ戦がとうとう終わりました。まだ、天皇杯が残っていますが、すでに来季に向けて動き出しているようです。

ゲームについてはTV画面からしか分かりませんが、結構人とボールが良く動いていて、中盤の寄せも早く厳しく、大分の動きが鈍かったのを割り引いてもいいサッカーができていたように思います。陽平も栗も今日はいい時のプレーが出ていたし、フジの元気なオーバーラップも目立っていたし、ここに来てようやく徳とナオ(中に絞る動きが効果的だったな)のスペースを使うコンビネーションが良くなってるなど、このサッカーがコンスタントにできていれば、こんな順位にくすぶっているチームではないのですよ。

システムでは画面からは4-1-4-1に映りました。今ちゃんがワンボランチで構え、栗と陽平がバランスを取りながら高い位置でルーカスと絡んでいくパターンです。ここまで来るのに1年かかりましたね。

そしてこのゲームからも、来季の補強ポイントがなんとなく見えてきます。

まずは戸田をどうにかしないと(どうすりゃ確変入るんですかね?)。ルーカスが今季18点取れたことを考えると、セカンドストライカーが二桁近く取れればトップ5に確実に入れますよ。基本は代えるべきでしょうが、ノリオは守備がおぼつかなくスピードに乏しい。赤嶺は裏を狙うプレーヤーではないなと。例えば鈴木慎吾なんかいいですねぇ。左サイドはジョーの復帰が丸必ですが、ドゥトラ、欲しいですね。前でも使えそうだし。

今ちゃんの来季を思うと、ボランチも考えないといけないポジションの一つ。伊野波がファースト・プライオリティですが、フミさんも引退してしまうし、今年のようなDFのトラブルシューティングには不可欠な存在であるため、もう一枚(汗かき役が)欲しいところです。そして最大の問題はセンターバック。モニの長期戦線離脱は想像以上にダメージが大きかったと思うのです。そして、腰砕けの使えない元市船キャプテン。噂の新外国人は別としても、使えるサブがどうしても必要。昨年は実際補強(監督含む)に失敗したわけで、フロント強化部には同じ轍は踏まないようにしていただきたいと思うのです。

それにしても、オヒサルではまだ発表されていませんが、各種報道で醤の退団は決定的のようです。頭の強さは相変わらずだけど、やはり反応とスピードが少しずつ鈍ってきているように思います。残念だけど、これもプロの厳しさ。ご当人は日本でのプレーを希望しているようですが、行き先大分だったりして。歴史は繰り返す、でしょうかね。

|

« 死ぬかと思った | Main | 早大43-21明大 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/12925140

Listed below are links to weblogs that reference 大分0-1FC東京:

« 死ぬかと思った | Main | 早大43-21明大 »