« October 2006 | Main | December 2006 »

November 2006

November 30, 2006

コバ、いずこへ

J2の4位まで躍進したチームから見限られるとは。やっぱり怪我が大きかったのかなぁ。まだ28だし、もう一花咲かせたいところである。最近は地域リーグまで話題になる時代だから再就職先には事欠かないとは思うが、東京卒業生も全国いたるところで頑張っているのを知るにつけ、今チームにいる連中にはもう少し気概というか危機感を持ってやって欲しいと思うよ。

頑張れコバ!

追記:ウメッティもだよ。厳しいねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2006

FC東京0-0浦和

とりあえず意地だけってことで。

浦和も、メンバーが万全ではなかったこともあってか、とにかく負けないことが最優先にあったみたいで、ワシントンが孤立気味。鋭いカウンターを時折見せてはいたものの、絶対勝つことを目的とはしていなかったように思います。圧力が強くなかった分付け込む隙もあったと思うのだが、その辺は難しいんだろうな。双方、攻守が交代しながらそれなりに見所があり、特に守備は集中していたある意味いいゲームだったと思いますよ。ただ、結構チャンスもあったのに1回も活かせなかったのは問題ですね(今に始まったことじゃないか…)。

戸田ですから…残念!。

まぁ、これで上位3チームから勝ち点削って、わずかではあるけれどガンバにも優勝のチャンスを残して、Jを盛り上げる役目だけは果たせたのではないでしょうかね。ガンバ、川崎のサポーターに対しても、とりあえず顔向けできるというものです。J2も横浜FCが優勝で昇格を決めて、残り一枠どっちが滑り込むことやら、何となく入れ替え戦の常連柏がもう2試合やることになる気がします。これも楽しみです。

さて、東京はどうあがいても10位以下ということで、Bグループでシーズンを終了しようとしています。これでよかったなんてとてもじゃないけど思えない。最終節、天皇杯とまだゲームは続いていきますが、早いとこ来年の方針を決めて欲しいね。納得した上で年チケ申し込みたいから。

あと、フミさんお疲れさんでした。貴方が東京の精神的支柱だったことは確かです。アフターフミさんがちょと不安ですが、第2の人生のご活躍を祈念しております。

p.s.東スカ最終号入手できませんでした。残念(今日は残念が多いなぁ)。編集に携わっていた方々、どうもお疲れ様でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2006

BLACK LAGOON 第6巻

Black_lagoon_6_2BLACK LAGOON 第6巻/広江 礼威  ISBN4-09-157075-5

29日に発売されるDVD第5巻にはTVの1stシーズンでの「Rasta Blasta」が収録されている関係から「ロベルタ祭り」開催中。

6巻にはTVの2ndシーズン第2エピソードとして挿入された「Greenback Jane」が収録されている。TVとコミックスのエピソードの順番が微妙に入れ違っているところが、TVのシナリオにも若干影響していて興味深い(レヴィとエダが礼拝堂で飲んだくれているとき、ロックとの日本での話を聞きたがったエダ。TVでは「Fujiyama Gangsta Paradise」のほうがあとに来ているため、この会話はない)。

読み返して気づいたが、「Calm dowm,two men」で覚悟を決めたロックが、「Bloodsport Fairy tale」以降、人の死に様を正面から見続けているのだ。“夕闇からすべてを見届ける覚悟”が雪緒の一件で完全にロックそのものになったことで、彼がラグーン商会の本当の一員になったと同時に、物語を転がしていく軸から(とりあえず)外れてしまった。ゆえにジェーンであり、“ロベルタ”・チスネロスなのだろう。当然、ラグーンの3人の前歴は謎のままだし、そこを掘っていけばいくらでも出てくるはず。エダにも奥がありそうだ。個人的な趣向でいえば、ロックは“虎”を人に戻すことができるか、なんだけど、作品のトーンからしてありえないかな。ニュアンスは所々に感じるのだけれどね。そこへ持っていったときどう落とすのか。興味が尽きない。

ネタは尽きねど歩みは牛歩の如し。月刊誌連載作品の宿命だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2006

Ready to go

100nikondscn0481_dscn0481

車を買い換えました。

本日無事納車です。6年ぶりですが、モデルとしてはかれこれ15年ぶり。隔世の感があります。まだS#モードを試していないのでちょっと楽しみ。とにかく、冬に向けて足回りは万全ということです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 24, 2006

FC東京1-2横浜FM

さてさてさて。

モチベーションのないゲームの典型でしたか。12位と14位ですよ。気が抜けたビールみたいなもんでね。そもそもゲーム前の空気からしてどんよりしてましたから。この結果も仕方なしといったところです。

Continue reading "FC東京1-2横浜FM"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2006

新宿さぼてんのFC東京勝サンド

FC東京勝サンド@新宿さぼてん

初めて購入。ジンクスアイテムになるか。中身は至って普通のカツサンドです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2006

赤エビス

赤エビス

苦くないのがらしくない。ブランドエクステンションとしては失敗の部類に入るのでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2006

放置する?

放置すべきではあると思うが敢えて乗ってみる。

浦和はエンゲルスが乗り気なんだと。福田大将もコーチ就任らしい。
状況的には可能性は高そうだ。で、その結論は、“サポーターが望むもの”なのだろうなという感じが凄くする。

Continue reading "放置する?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2006

磐田4-1FC東京

さてさてさて。TV観戦終了。

ズタズタでしたね。

寒い中、現地で応援の皆様お疲れ様でした。

それにしても、いつの間にやらあのヤラしいジュビロのサッカーが戻りつつあるじゃないですか。ゴール前のポゼッション&ムービング、沸き出るような人の動きに東京DFは全く着いて行くことができず。伊野波は本職じゃないんで仕方ないかなぁとも思いますが、フジは飛び込んであっさり交わされたり、マッスウは周りが全く見えてないし、徳も行きっぱなしで戻ってこないし、根本から考えないとディフェンスはまずいですよ。

こうなったら打ち合いに持ち込みたかったところですが、攻撃の方では戸田が超ブレーキ。チャンスはそれなりに作れていたし、決めるべきシーンが何度あったことか。彼が早い段階で1点でも決めていれば、ゲームはここまで壊れなかったでしょうね。最後、平山大作戦で一矢報いたものの、後半15分あたりから中盤がなくなってしまったゲームは大味そのもの。なんだか中身がないよなぁ。いいんだろうか、こんなことで。昨日はホームで感動ドラマを演じて、今日はアウェーで悲劇(いや、喜劇かな)を演じる。東京劇場は疲れます。

ところで、赤組さんが名古屋の赤組さんに見事やられてしまいました。ホーム最終戦は優勝を左右する重要な一戦になりそうです。今日も今ちゃんかなり怒ってましたね(不甲斐なさゆえかな?)。優勝阻止人として、テンション維持して行って欲しいです。

あ、その前に水沼にも引導渡さないといけませんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2006

たけの食堂@築地

たけの食堂@築地

基本は鮮魚なのだが、あえて豚天。ロース肉をぶつ切りにして揚げてある。やわらかくてジューシー。

久々来ましたが築地には未知の店がいろいろあります。

今日は、場末の会といって、高校時代の仲間と路地裏の知られざるナイスな店で管を巻こうというのが趣旨。

鮮魚は美味くて当たり前。こんな店で食うあじフライは最高。アナゴの白焼きも皮ぱりぱり、身はホクホクで幸せ一杯です。

店を出て何故か神田へ。キャバ~反省会という王道コース。いい年こいてやめられませんね。それにしても、今週は怒疲れさんでした。

といいうことで、土曜のゲームは家でTV観戦です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2006

ブルー・マンデー

月曜の朝っぱらから、いじめを苦にした子供が何人自殺したとか、いじめを把握していたにもかかわらず自殺者を出してしまった学校の校長が自殺したりとか、なんで気分が落ち込むニュースしかないんだろうねぇ。これから一週間頑張って仕事するためにモチベーション上げようとしているのに、ヒデエ話だよ。いい加減にして欲しい。
そういえば、総合学習でコミュニケーション力を高める授業と言うのがあるらしい。笑顔力とかだって。そもそも、仲間とコミュニケーションをとる力って人に教えられるものなのかね。少なくともオイラはそんなもの習ったことはないぞ。日常のコミュニケーションを通じて養われるものではないのだろうか。一時が万事こんなんだから、マニュアルチックな人間が増えてきちゃうんじゃないの。未修単位の話といい、一体学校では何を教えているのかね。

優しい気持ちになれるので、これを貼っときます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 12, 2006

FC東京5-4川崎(正義は我にあり!)

ようこそ東京劇場w第二幕へ。

ガンバ戦より1点多い3点ビハインドの状況から、一体誰がこんな結末を予想できるというのだ?

クラブの煽りに乗せられて多摩川を渡ってきた川崎サポには、天国と地獄を一度に味わっていただきました。ご愁傷様、お悔やみ申し上げます。でも、身から出た錆ですからね。

上げておいて落とす。いやー、ホントすげー嫌な奴らだね。4-1という勝ってる側からすれば勝利を確信するシチュエーション。それが、引き分けになり、あー、これで収まるかと思った最後の最後の瞬間で突き落とされる。うーん、精神衛生上絶対に良くないw。

Continue reading "FC東京5-4川崎(正義は我にあり!)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2006

FC東京7-0バンデオンセ神戸

さてさてさて。

スペースと時間があれば、東京もいいサッカーができるということだけが確認できた1戦でした。

100nikondscn0450_dscn0450

それにしても、取りも取ったり、7点てぇのは公式戦では見た記憶がないね。いつもはてこずる天皇杯初戦はこれまでの鬱憤を晴らすかのようなゴールラッシュ。ただ、これだけ実力差があればこの結果も当然か。相手はいわば4部リーグなのだから。

この力の差はどこから来るかというと、

①1対1での個々の技術の差。キックやトラップの精度は一段も二段も上。それでも、見ている側からするとまだ満足できるレベルにないのだから、プロの技術とは凄いものである(やべっちFCでルマンの直近のゲームをやってたが、松井のトラップは凄かったぞ)。また、1対1の駆け引き、体の入れ方なども圧倒していた。

②攻守の切り替えの早さ。中盤で奪ったボールを如何に早く前へ運ぶかについては、前半はバンデオンセもできていた。しかし、守備に関してはざるもいいところ。奪われた瞬間、なぜか東京のプレーヤーがフリーになっている。最終ライン以上にボランチのポジションが全く駄目だった。

③主にスタミナのフィジカルの差。後半20分を過ぎる頃から、バンデオンセの選手の中に足を攣る選手が何人か見られた。走らされているので疲労感も倍増だとは思うが、90分J1の運動量を求めるのは酷というものか。

これだけ東京が好き勝手やったゲームも珍しいが、そんな中で両翼に起用された阿部ちゃん、信男さん。あれだけチャンスがあって決められないのは問題ですよ。あれでは、石川、戸田からレギュラーの座は奪えません。結果が出しやすい状況にもかかわらず、ミスで逃してる。駒沢の草津戦から大した進歩も見られないのは残念ですよ。

あ、あとマッスゥもね。精進しなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2006

紅葉

さてさてさて。

三峰山の紅葉も今が見ごろです。この山は針葉樹が中心なので、山一面紅葉というわけには行きませんが、それでもまずまず綺麗に色づいていました。

100nikondscn0443_dscn0443_2

テイクオフ上空から三峰沼

100nikondscn0446_dscn0446

三峰全景と遠く谷川岳を望む

シェフ関根に美味しいご飯を作ってもらって、この季節、外飯外飲みは気持ちがいいです。

それにしても、今年は暖かい。雪がちょっと心配です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2006

東京が挑発ポスターで集客増

ネタです
浦和戦チケットが瞬殺だったから、川崎サポの反応の鈍さに痺れを切らしてわざわざこんなポスター作らんでもいいだろうに。人寄せ電柱取ったこともそうだが、どうにも今季は銭ゲバっぽく見えて仕方がない。ほんとのところ、客呼ぶ以前に呼べるだけのもの(鼻くそ電柱じゃないぞ)を用意しろといいたいのだが。
実際マーケティング的な視点から見れば、結構ツボにはまったいい企画である。サポーターの後押しがチームを勝利に導くという、サポ冥利の気持ちをくすぐるいいコピーだと思う。ただ、川崎市にどんだけこのコピーに反応できるリテラシーを持った連中がいるかどうかは定かではない。交通広告使うらしいが、広告費回収できるのだろうか。余計な心配か。挑発される方も微妙な勝ち点だから様子見のところもあるんじゃないか。この際スタジアムへの距離はあんまり関係ないと思うぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »