« 紅葉 | Main | FC東京5-4川崎(正義は我にあり!) »

November 06, 2006

FC東京7-0バンデオンセ神戸

さてさてさて。

スペースと時間があれば、東京もいいサッカーができるということだけが確認できた1戦でした。

100nikondscn0450_dscn0450

それにしても、取りも取ったり、7点てぇのは公式戦では見た記憶がないね。いつもはてこずる天皇杯初戦はこれまでの鬱憤を晴らすかのようなゴールラッシュ。ただ、これだけ実力差があればこの結果も当然か。相手はいわば4部リーグなのだから。

この力の差はどこから来るかというと、

①1対1での個々の技術の差。キックやトラップの精度は一段も二段も上。それでも、見ている側からするとまだ満足できるレベルにないのだから、プロの技術とは凄いものである(やべっちFCでルマンの直近のゲームをやってたが、松井のトラップは凄かったぞ)。また、1対1の駆け引き、体の入れ方なども圧倒していた。

②攻守の切り替えの早さ。中盤で奪ったボールを如何に早く前へ運ぶかについては、前半はバンデオンセもできていた。しかし、守備に関してはざるもいいところ。奪われた瞬間、なぜか東京のプレーヤーがフリーになっている。最終ライン以上にボランチのポジションが全く駄目だった。

③主にスタミナのフィジカルの差。後半20分を過ぎる頃から、バンデオンセの選手の中に足を攣る選手が何人か見られた。走らされているので疲労感も倍増だとは思うが、90分J1の運動量を求めるのは酷というものか。

これだけ東京が好き勝手やったゲームも珍しいが、そんな中で両翼に起用された阿部ちゃん、信男さん。あれだけチャンスがあって決められないのは問題ですよ。あれでは、石川、戸田からレギュラーの座は奪えません。結果が出しやすい状況にもかかわらず、ミスで逃してる。駒沢の草津戦から大した進歩も見られないのは残念ですよ。

あ、あとマッスゥもね。精進しなさい。

|

« 紅葉 | Main | FC東京5-4川崎(正義は我にあり!) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/12572997

Listed below are links to weblogs that reference FC東京7-0バンデオンセ神戸:

« 紅葉 | Main | FC東京5-4川崎(正義は我にあり!) »