« 新宿さぼてんのFC東京勝サンド | Main | Ready to go »

November 24, 2006

FC東京1-2横浜FM

さてさてさて。

モチベーションのないゲームの典型でしたか。12位と14位ですよ。気が抜けたビールみたいなもんでね。そもそもゲーム前の空気からしてどんよりしてましたから。この結果も仕方なしといったところです。

U-21のゲーム直後ということで伊野波と梶山は完全休養。スターティングメンバーは、ボランチにフミさん、宮が入り、代表効果で今ちゃんがCBに入る新布陣。今ちゃんが自在に前後動する可変型4バックはなかなか楽しかった(そのおかげで攻撃時には宮がかなり高い位置でプレーできていた)が、おそらく後半までは持たないなという印象だった。対する横浜は最初からやる気なしモード。中盤省略の省エネゲームを選択。東京は浅いラインの裏を狙い続ける。怠けた罰でルーコンがPKゲット。

後半しばらくは東京ペースだったが、横浜の中盤が仕事をし始めて、徐々に東京が押し込まれていく。フミさんと宮の電池が切れてきたのが見ていて分かる。指揮官は放置。ナオに代えてノリオを投入。なぜ?中盤で負けているのだから、まずそこを何とかしないといかんのではないですか。今ちゃんを一列前へ上げてでも中盤を落ち着かせるべきだったのに、そんなにマッスウを使いたくなかったのかね。なら、なんでサブに入れとくの。そーなら、3バックにでもすれば良かったんだと。

たとえばこんな感じ。

   ルーコン … 電柱

ノリオ  … 小僧  …  栗

    宮   …  今ちゃん

 フジ … ジャン … 徳

     最近ミスが多い

電柱入れたって、放り込む宮を下げたりでチグハグだよな。そもそも、横浜の最終ラインは高さには無類の強さを持っているんだから、この作戦自体疑問符がつくのだがね。最後はマークミスで2失点。ほんとに集中が続かない。気が抜けてる。ロスタイムでやられたって、順位が順位だから「あーあぁ」ぐらいで済みますがね。

あ、あと今日ホーム側なのに場所もわきまえず横浜の応援をしていたバカファンがすぐ後ろにいて、相当うざかったです。そこそこ年も行っている女性なんだけれど、声がアニメ声で金属的な響きがして耳障りが悪いとキテル。さらに、ちょっと気の利いた声援でも飛ばすんならまだしも、チャンスになると、「松田いけー」としか言わない。ガッカリだよ。レベル低すぎ。前に座ってたおやっさんが振り向いて「松田師ね」と過激に応戦。「サッカー知ってんのか、この田舎もん!」と威嚇。この一言に思わず噴出しそうになってしまった。そうか、サッカー知らないのは田舎もんなんだ。知らなかったw。

まぁ、とにかく日曜日ですよ。ほんと、目の前で優勝なんて見たくないですからね。死ぬ気でやってください。お願いします。

|

« 新宿さぼてんのFC東京勝サンド | Main | Ready to go »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/12800131

Listed below are links to weblogs that reference FC東京1-2横浜FM:

« 新宿さぼてんのFC東京勝サンド | Main | Ready to go »