« 行楽日和 | Main | 残留カウンター解除 »

October 22, 2006

FC東京3-2G大阪

東スカが出る日は、ちょっと早めに行ってベンチでビールを飲みながら隅まで目を通すのが恒例になった。でも、それもあと1回限りとは寂しい限りだ。

100nikondscn0441_dscn0441

同じ2トップでも、2人の動きの質でこれだけ差が出るとは。バンドとマグノに縦の早いフィードが収まり押しあがっていくガンバの攻撃は効率的だ。バンドの1点目、プルアウェイで伊野波のマークをはがし、フリーでシュートまで持っていく。マグノの2点目は、二川へのパスを出した後すぐさま前へトップスピードで走り出す。ボールが出てくることを信じているのだ。その爆発的なスタートに徳はついていけなかった。できればニアのシュートコースだけでも切りたかったがそれすらできなかった。ミスと取るか、実力不足と取るかは難しいところだが、こーゆー危機をキッチリ摘み取ることができなければ上位進出は夢物語となる。

一方東京の2トップは機能しなかった。両雄並び立たず、とは思わないが、いかんせん前線でボールが収まらない。陽平も位置が低くて2人に十分絡めなかった。

0-2になったところで、正直また今日もかと思ったよ。せめて1点、それも叶わなければ何か良いプレー一つでもいいから持って帰ろうと思った。暗澹たる気持ちで後半を迎える。

54分、平山アウト、小僧イン。小僧よくボールにさわりリズムを作り始める。60分ごろから、ガンバは引き気味に構えてカウンター狙いになってきた。その注文どおり、中盤の中途半端なパスやサポートのないプレーで悪い取られ方をしてはあわやのシーンを少なくとも3回は作られた。特に62分の二川の狙いすましたシュートは決定的だった。あれが決まっていたら、という一発だった。

65分に戸田アウト、ノリオが久しぶりにピッチに帰ってきた。それでも、ガンバの鋭いカウンターは続く。そしてゲームの分岐点72分を迎える。ハーフタイムで3点目を狙いに行けと指示した指揮官は、自らを反故にする。西野このゲーム唯一にして最大のミス。バンドを下げ前田をピッチへ。あれほど嫌らしくマグノとともにゴールを脅かし続けたバンドがいなくなり、ディフェンスの負担は相当軽減された。バックラインはマグノ一人をケアすればよくなり(それでも相当やばかったが)、さらに、ガンバの方も2点を守る意識がこれによって徹底された。陽平アウト、宮が入ると、今ちゃんががぜん前へ出てくる。

ちょっとした集中の切れ目。77分、CK戻りのプレーで藤山が左サイドからアーリークロスをディフェンスラインの裏に放り込むと、GKの手前でボールを掻っ攫った今ちゃんがそのまま無人のゴールにボールを流し込む。2-1。東京の反撃モードを押さえ込むようにガンバも圧力をかけてきたが、81分、その間隙を突いてノリオが左サイドから強烈ミドル。目が覚めるとは本当にこのことを言う。同点。この一撃でガンバは前へ出る力を失う。東京はイケイケモード。そのたった3分後、左サイドで今ちゃんからノリオへ。ノリオはマイナスクロス。中央で待っていたナオがセンタリングを右足でぴたっと止める。これがすべて。すぐさまインサイドでゴール右に蹴りこむ。奇跡の逆転。

しかし、ロスタイムまでドラマは続く。G前でFKを与えてしまうとキッカーはマグノ。右足から放たれたシュートは左隅をキッチリ捉えていたがネ申がフィスティングでセーブ。そして、試合終了の笛が響き渡る。2-0というスコアは昔から難しいといわれている。チームの気持ちが守りに入った瞬間に、勝利の女神は気まぐれを起こす。今日の秋空のように。

最後の15分、クライマックスのための0-2というシチュエーション。東京劇場は文句のつけようもないエンディングを迎えた。招待客はまた来ようと思うだろう。一方、ガンバサポはお通夜。別に浦和を優勝させたいわけじゃないが、こっちにも事情がある。一応、川崎、浦和とカードを残している以上、2チームからも勝ち点を削らないと恨まれるよな。弱きを助け強きをくじく東京が復活だ。

(先週を振り返って)

広)え、3点もらっちゃっていいんですか?

東)いいってことよ。こっちとら、もっと儲かってるところから貰うからよぉ。持ってけ泥棒。

こんな会話が成立するとは想像もつかなかったが、サッカーに絶対はない。今日のゲームは気持ちのゲームだった。強いチームに必要とされる資質とは何かを教えられた一戦だった。

この3点で残留の確率は相当高くなったね。一応、勝ち点36まで残り

|

« 行楽日和 | Main | 残留カウンター解除 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/12384733

Listed below are links to weblogs that reference FC東京3-2G大阪:

« 行楽日和 | Main | 残留カウンター解除 »