« 安心事 | Main | ワセダ三畳青春期 »

October 07, 2006

名古屋1-2FC東京

さてさてさて。

テレビ観戦でしたが、鬼門の瑞穂で勝利を挙げられたことは何よりです。

今日は集中力の勝負というか、ほんのちょっとの頑張りの差が勝敗を分けたような気がします。両チームにそれほど大きな差はなかった。決勝点も今野がキッチリプレッシャーをかけていったからボールを引っ掛けて、リフレクションが石川の前に転がって行ったのであって、しつこさ、諦めの悪さが東京に戻りつつあるってことなんでしょう。対照的に今日は駄目なグラ8の典型。終盤運動量が落ちて淡白なゲームをやっていた。勝ち点3をありがとう。

ただ、気になることもあった。モニ、ジャーン、石川が復帰し、攻守に活躍。特に最終ラインは、ここ数試合では一番安心してみていていられた。つまりレギュラー陣が故障から復帰してきたことが勝因?それではあまりに情けない。彼らの代わりにピッチに出ていた連中は何のためにプロの看板を背負っているのだろう。悔しくないのか、と言いたいよ。これだけ層が薄いと、怪我人が出るたびに毎年こんなことを繰り返していくのだろうか。もっとチームとして強くならないといけないのに(今ちゃんをDFで起用したオシムに感謝)。

さらに気になることが一つ。戸田が外した2本のシュート。ニアサイドの空振りと、楢崎をかわした後のループ。どちらかは決めなければいけなかった。実際戸田は何故かいいところにいるのだ。しかし、ことごとく外してきた。彼が決めてくれさえすれば楽になったゲームは数え切れない。肝心なところで外すからこそ戸田なのかもしれないし、それでいいと思ってきた。でも、やっぱりそれではいけないのだね。サポーターが厳しい目でプレーヤーを評価し叱咤激励する。その声に選手も奮起する。もっと上手くなるように努力する。そういう関係でなければいけないのだと。セルジオ越後の『日本サッカーと「世界基準」(祥伝社ISBN4-396-11046-4)』を読んで、改めてそう思ったよ。笑ってる場合じゃないね。反省しつつ、これからも愛情のあるブーイングをぶつけて行きたい。

京都が引き分けて福岡が勝ったことで19で並び。で、安全圏まで残り6

|

« 安心事 | Main | ワセダ三畳青春期 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/12191126

Listed below are links to weblogs that reference 名古屋1-2FC東京:

« 安心事 | Main | ワセダ三畳青春期 »