« 東京1-3甲府 | Main | 誰が首になるのか »

September 10, 2006

大志フィールドに立つ

さてさてさて。

左サイドバックにリチェ、右にコザというなんでもありのサテライトを見てきました。

100nikondscn0413_dscn0413_1  システムは4-4-2。DFは左からリチェ、ソータ、池上、コザ。ボランチにサリーと宮。右に栗、左にヨシロー、トップは赤嶺とワシントン。「内容はなくても勝てる」という典型的なゲームでした。

FKからだったかCKからだったかワシントンが頭で決めて、後は流し気味。草津の若手が頑張ってアピールする以外は見所はほとんどなく、ワシントンがつまらないイエロー2枚で退場になってからはもうゲームにもならない。アピールするとか点取るとかの意欲は全く感じられず、ダラダラやってるだけ。何度か草津が決定機を作るもののバーやポストに嫌われてしまう。神様は不公平だと思った。点が入ればもう少しは東京のプレーヤーも考えるかなと思ったのだが…。

草津が全体的に前掛かりになってDFのミスで東京に追加点が入ると、草津のDFもグダグダになってしまい、まぁ、暑さもあるんだろうな、もう終わりにしてやれって感じになった。

ところが、終盤残り10分ほどのところで、このゲームの最大の見所が訪れる。サブメンバーを2人しか入れていなかった東京。コザが負傷退場で交代メンバーは大志しか残っていなかった。なんと、急遽青いユニに着替えてピッチに送り込まれる。ポジションはワントップ!! そして、入ってすぐにポストでワンツーを決め3点目をお膳立てしたのであった!!! スタンドは大志コールの嵐(爆)。2度と見れないもの見ちゃったよ。草津のサポは何で盛り上がっていたのかわからなかっただろうなぁ。

100nikondscn0414_dscn0414_2 ←「30」(右から4人目)が大志

こんな何でもありの世界はサテならではということで、グダグダのゲームを救ってくれた。それにしても、何を目的にサテライトゲームに臨んでいるのか。オリジナルポジションと異なる役割が一体何の役に立つのか。個人のアピールにしても全然だったし、局面に対して献身的な動きもなかったし(SBのオーバーラップやボランチの追い越し)、阿部ちゃんは決定的なのを外しちゃうし、収穫も何もないですよ。こんなんじゃトップチームの底上げ、突き上げなんて無理ですよ。やっぱり、まずは選手のやる気と技術です。もっとしっかりしなさい。

P.S.今日はチャリで現場まで行ったおかげで体が痛いです。

|

« 東京1-3甲府 | Main | 誰が首になるのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/11847122

Listed below are links to weblogs that reference 大志フィールドに立つ:

« 東京1-3甲府 | Main | 誰が首になるのか »