« 9月9日は救急の日 | Main | 大志フィールドに立つ »

September 10, 2006

東京1-3甲府

選手達は時差ボケのようでした。ブラジルデーとはいえ、ブラジルに遠征したかのようなボケボケのゲームでした。失点はすべて集中力を欠いた無責任なプレーからです。確かにレフェリングは安定してませんでしたが、それを言い訳にはできません。けが人が増えて決してベストな陣容とは言えません。それでもやっていかなければならないのです。

後半はネジを巻きなおして、早々にラッキーな形でルーカスが反撃の狼煙をあげたわけですが、甲府の守備陣は高い集中力を保ち続けて、攻撃を跳ね返してきました。

甲府の選手達はボールへの寄せもキッチリやってたし、まじめに泥臭くやることをやってたな、と。一方で東京の選手達は油断というか、判断が遅れてプレーの自由がなくなってしまっていた。攻めに出るときにはもっとスピードアップしないと。シンプルにフィニッシュまで持っていけるようにしないといけない。

栗澤を入れて梶山のワンボランチにしたのは、次の1点が向こうに入ってしまえばゲームは終わってしまうと思ったからです。かなり心臓に悪かったですがね(笑。向こうに追加点は入りませんでしたが、こちらも点を奪うことができませんでした。後半チャンスは作れていたと思います。でも点は入りませんでした。代表のゲームを観ているかのようでしたね。我々も決定力を上げていかなければ。戸田は上手くチャンスに絡んでくれましたが、実戦慣れしていないというか、まだまだこれからだと思います。

結局、引き込まれた時のゲームメークはガーロ時代と大した変化はなく、選手達が自分達で考え、相手を崩す動きをしなくてはならないのに、それができませんでした。まだ、ボールを待っているというか、持ってから動き始めているので、その辺のコンビネーションをやっていかないと難しいと思います。今日は特に雑なプレーが多かった。縦パスをどうやって入れるかとか、どうフィニッシュまで持っていくのか、まだまだ考えていかないと。

4-2-3-1のシステムはノスタルジックに感じるかもしれません。でも、これが東京のベースであり、一番ゲームに入りやすい形だと思うわけです。今日はたまたま3点取られましたが、中盤でのボールの取られ方が悪いところを修正していけば問題ないと思います。ただ、ジャーンが最後尾に残るのはちょっとスピードヘの対応力というところで厳しかったですね。モニ不在の影響がモロ出た感じです。

という感じですかねぇ(かなり好意的。本当は怒ってます)。課題ばっかだな(苦

|

« 9月9日は救急の日 | Main | 大志フィールドに立つ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/11830120

Listed below are links to weblogs that reference 東京1-3甲府:

« 9月9日は救急の日 | Main | 大志フィールドに立つ »