« あたみ@神田 | Main | FC東京5-1福岡(藤山でー) »

August 20, 2006

千葉3-4FC東京

行くか行くまいかぎりぎりまで悩んで決意してローソン行ったらチケット完売。

虚しくテレビ観戦。サポーターとして悔いの残る一戦でした。

立ち上がりボーっとしているうちにあれよあれよと2点取られて、監督が代って1週間足らずでいきなり変わる筈はないなと、変に安心した自分がいた。

しかし、それから目が覚めたのか、徐々に中盤での圧力を強めていき、押し込む時間が長くなる。ルーカスのゴールは相変わらず個人技に任せたもので、反撃、といっても単発的な印象はぬぐえなかった。事実前半はシュートは8本と千葉を圧倒していたものの、枠内シュートは2本ずつ、得点は1-2と相変わらず決定機を作り出せていなかった。

後半、千葉の運動量が思ったほど上がらずミスが増え、中盤でいい形でボールを持てるようになると、赤澤のポストやルーカスのキープに陽平が上手く絡めるようになる。同点ゴールは陽平の粘りが決め手だった。赤澤の反転シュートも見事だったが、あそこまで深く入り込むことでチャンスは拡大する。相手の嫌なところに入っていくプレーが必要なんだ。

3点目も陽平がフリーで持ってナオにスルーパス。千葉の左サイドが意外とダーダーだったのが気になったが、やはりナオと徳の2弾ロケットは相手にとって脅威なのだ。決勝点を生んだプレーもナオが中に入ってスペースを作り、そこへ徳が侵攻した事による。

守備についていえば浅利が“ほぼ”ワンボランチで奮闘していた。三十路越えであの運動量は大したものだ。おかげで陽平も前目で仕事ができるというもの。藤山、川口を含めてベテラン組の頑張りはチームに活力を与えている。

4バックに戻したことも大きいが、攻守ともに千葉に走り負けしなかったことこそ最大の勝因ではないだろうか。テレビの画面からも選手達の気迫が伝わってきた。

終了後のナオのインタビュー。ガーロのサッカーを理解していたがそれをピッチで表現できなかった、それは選手の責任、と言っていたのが気になった。ガーロサッカーのビジョンは選手達は共有していたらしい。それを実践するノウハウがコーチ陣にも選手達にもなかったのか。どうもガーロ解任には奥歯に物がはさまった感じなんだな。確かに4バックにして、両翼を生かしたスピーディーなサッカー、中盤のプレスで高い位置でボール奪取し早くゴール前へ、というのはこれまでのサッカーだし分かりやすい。しかも今日のように結果も出る。

ガーロのサッカーは幻に終わってしまうのか。それとも、選手達自身が咀嚼して、倉又サッカーの中に組み入れていくのか。勝利は素直にうれしい。だけれども、このままでいいとも思わない。ガーロの半年を無駄にしてはいけないということだ。原点回帰というよりは、進化した4バックであるべき。

そろそろホームで「眠らない街」を歌いたいもんだね。

|

« あたみ@神田 | Main | FC東京5-1福岡(藤山でー) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/11528624

Listed below are links to weblogs that reference 千葉3-4FC東京:

« あたみ@神田 | Main | FC東京5-1福岡(藤山でー) »