« 東京0-2広島 | Main | 東京3連発 »

July 31, 2006

fan to tokyo

さてさてさて。
監督を辞めさせるだけで解決つく問題ではないというのが基本認識です。だから、“ガーロやめろ”コールには、気持ちはわからなくもないが積極的な賛同は出来ない。

いつも一緒にクダを巻く友人は監督を(出来れば日本人)替えるしかない、この中断チャンスを逃すと後々面倒になると言って憚らない。今の順位と勝ち点を考えれば、降格の危機と言うほどではなく、かといって優勝を狙えるポジションでもない、毎度おなじみの状態だし、去年の勝てなかった時期よりは随分まし(これはルーカスの好調を意味する)な事を考えれば、戦績を理由とした解雇は考えられない。
要は中身なんだよね。分かりやすさだったり、納得感(今の選手起用は意外性を通り越して「なんでぇ?」の域に達する)の問題。ゴール裏の意志は分かるのだ。見ていて楽しくないというのが全ての根っこにある。みんなそう思っているからこそ、原トーキョー・コールなのだ(好意的に、原体制にしろというのではなく、原さんのやってたサッカーは面白かったと解釈する)。コアな古くからのサポ層の求めるものと、フロントがビッグクラブとして進もうとする道が必ずしも一致しない事は明らかで、もしかしたら、どこかで袂を分かつ日が来るのかもしれないが、しかし、原東京でなしえなかったその上の世界を目指して招聘した監督がこの有様ではみな納得できないだろう。期待された十分な結果が出せていない。そして、そのプロセスにおいてもいまだ試行錯誤。選手の特性の見極めも出来ていないような本番での起用には疑問を抱かざるを得ない。ナオがサイドバックまで戻り、川口は慣れないSHで守備に追われて攻撃もままならない。ルーカスと伊野波の欠場は痛かった。しかし、いないなりのゲームをしなくてはならないのにフォーメーションはそのまま、しかも適性に?がつくメンバーを配置する。ガーロはチーム全体を観ているのか。そして普段から何ための練習をしているのかと。
中盤が機能しないなら、それを是とした放り込みでもいいじゃないか。戦術の柔軟性もない。我を張ってリスクを犯すより、つまらなかろうが(もともとつまらないんだから)落ち着くまで安全に行くほうがよっぽど説得力がある。自分たちのペースに引き込む仕掛けも何もない。それを指示するのは監督の仕事だ。
ガーロは今日は自分の責任だと非を認めている。この言葉の真実性がどこにあるかはわからない。しかし、本場ブラジルサッカーの監督として周囲のプレッシャーを潜り抜けてきた人間だから、この程度の反発は屁でもないだろう(軽く見ているというわけではないが)。そのネガを完全に打ち消すぐらいの仕事をして欲しいと思う。それが出来る人材だと、今は信じるしかない。その対策が今度のアウェーの浦和戦(なんておあつらえ向きなんだろう)でどのように表現されるかによっては、本当に考えなければならなくなる、と思う。友人はそれでは遅いというのだが、優勝を考えなければガーロで降格はないと思うんだけどなぁ。ココで代えてチームが混乱してズブるリスクよりは、今年は仕方ないと諦めて低空でも水平飛行してる方がいいように思うのだが(かなり発想がネガ)… 優勝を目指してと言う旗印のもと選手構成はほとんど昨年と変わらない。つまり、監督で優勝させると言ってるのと同じ。本当に有言実行するなら4月の解任コールで動かないと嘘だ。もっと言えば、そもそも、東京の選手個々はトップを争うだけのポテンシャルを持っていたのか、ということ。あ、後、予算の話もあったな。とにかく、監督だけの問題ではないと言う事ですよ。で、これは短期的に解決つくものでもない。いや、どこからかスーパーな監督を見つけてきて、楽しいサッカーを実現してくれると言うのならそれに越した事はないですが、その見込みすらないのでしょうから、今年はガーロで行くしかないと言うのがオイラ的な結論です(苦)。

|

« 東京0-2広島 | Main | 東京3連発 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/11168009

Listed below are links to weblogs that reference fan to tokyo:

« 東京0-2広島 | Main | 東京3連発 »