« 信州と言えば | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト »

July 23, 2006

東京2-4鹿島

前節福岡戦からの修正はダブルボランチを選択するという至極当たりまえの結論。だが、構えが低くなりすぎて攻めのスピードはなかなか上がらない。小僧が中央でワンタッチパスを送り出そうとするのだが、前線の枚数が少なすぎるし、受け手との意思疎通やパス精度が悪かったりで形にならない。結局得点はルーカスの個人技によるものだけ。G裏には「ガーロでいいのか?」の横断幕。点は入ったものの、チームとしての方向性は今だ霧の中だ。

システムは3-4-2-1。モニ、ジャン、徳の3バック。ダブルボランチは今ちゃんと伊野波、ウイングバック的にナオとノリオがサイドに張る。ナオは水を得た魚のようにサイドを駆けていた。適材適所。前線はルーコンと陽平のトップ下に小僧のワントップ。3人で攻撃をクリエイトするって感じか。

ディフェンスは修正されていた。マークをハッキリさせたことで前半は鹿島FWに仕事らしい仕事をさせなかった。特に、徳に張り付かれた柳沢はイライラが募り、あげく徳に後ろから危険なタックルをかましイエローをもらう始末(これを見たアウトゥオリは前半で柳沢を見切り、後半からさっさと野沢と交代させてしまった)。ノリオが負傷退場というアクシデントにも、伊野波がサイドへまわり、代りに久々にピッチに入ったフミタケは番犬のように走りまくって(ミスも多かったけどね)上手く対応していた。ルーカスの技ありミドル(DFがファーのコースを切りきれていなかったところを、針穴を糸で通すかのようなコントロールで打ち抜いている)で先制して、ここまでは上手くいっていたように見えた。しかし、前半終了間際、内田への寄せが遅く、上げられたクロスにファーで小笠原がフリー。嫌な時間に同点に追いつかれる。さらに、後半立ち上がり、内田の上がりに対応しきれずフリーでミドルを打たれてしまう。思わず「当たりに行け!」と叫んでしまったが、その叫びもむなしく逆転ゴールが決まってしまう。内田の前には3人いたにもかかわらず、だ。

ルーカスの再同点弾(これもここしかないという狭いところを軽くカーブをかけて打っている。ルーコンってこんなにコントロールショット上手かったっけ?)で追いついたものの、CKから岩政にヘッドで勝ち越しされてしまう。このプレーも結局マークミス。

チームとして崩せないのは相変わらず。陽平は立ち上がりのルーレットが唯一の見せ場。それ以降はいるんだかいないんだかわからなくなり、小僧はワンタッチパスを多用してチャンスを作ろうとするが意思疎通や精度の悪さで形にならない。それでも、ルーカスの個人技という武器が今年は機能している(得点ランク2位!)のだから、もっとこれを活かして行きたいのに、ミスでみすみす勝ちゲームを逃している。噛み合わせが悪いというのか、もったいないというのか。スッキリした点が取れない代りに“勝ち点3”というのならまだ納得もしよう。しかし、それも叶わないのであれば、観ているこちらのストレスも溜まる一方だ。決定機は鹿島よりも作れていた。でも、決められない。決めるべきときに決め、ミスによる失点をなくしていく。当たり前のことがまだまだ出来ていない。

3-4-2-1システムは重心が後ろ過ぎて、早い攻めが出来ない。中盤は厚めなのでポゼッションには向いているのかもしれないが、仕掛ける攻撃が出来なければあまり意味はない。ナオも対面の新井場をケアするためにサイドバックの位置まで下がってきていた。終盤リードされ3-1-4-2(変則的な3-4-3)にシフトアップしたものの、プレーのスピード、精度ともに欠き、点を奪う代わりにおまけの1点を献上することになる。ジ・エンド。6点も見ることが出来た地元サッカーファンは喜んだろう。しかし、これはホームゲームなのだ。

今野曰くガーロの目指す「考えるサッカー」は、ジーコやオシムが標榜する“大人のサッカー”のことなのだろう。オシムがそのサッカーを定着させるためロジックを持っているのに対して、ガーロの方法論は見えてこない。最近ガーロがジーコと同じように見えて仕方がないのはそのせいかもしれない。このあとC大阪、広島と下位との対戦が続く。ここで落とすようだと、G裏の横断幕はもっと過激になっていくだろう。ガーロもチームも正念場というところか

|

« 信州と言えば | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/11067454

Listed below are links to weblogs that reference 東京2-4鹿島:

« 信州と言えば | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト »