« ヒストリー・オブ・バイオレンス | Main | 差別的発言だったのか? »

July 10, 2006

イタリア1-1(PK5-3)フランス

ついに終わっちゃいましたね。最後の方は、朝早起きしても半分眠っている状態で見てたんだかなんだか分からないので、結局結果しか残ってないのだが、今日ばっかりはジダンのヘッドバッドだけは強烈に残っている。夢かと思ったよ。れも、PK戦にジダンはいなかったね。ピッチサイドにすらいなかった。 あの状況では、どう考えても一瞬にして沸点に達するような一言をマテラッツイが言ったわけで、その内容については注意しておかなければならないと思う。いくらジダンが切れやすいと言っても、決勝戦はまだ同点で終わっていなかったんだし、自分のフットボールキャリア最後のゲームという意識は強く持っていたはずで、その大事なゲームにおいてなお自分を忘れさせてしまう一言とは相当なインパクトを持っていたんだと思う(人種差別的であったり、引退に関連したジダンのキャリアを冒涜するようなことだったり、いろいろ想像はできるのだが…)。真相はいずれ彼本人の口から明かされることだろう。だがこんな幕引きであっても、彼が稀代の名手である事は疑う余地もない。サッカーの楽しさを改めて認識させてくれたジズーに感謝。

|

« ヒストリー・オブ・バイオレンス | Main | 差別的発言だったのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/10891634

Listed below are links to weblogs that reference イタリア1-1(PK5-3)フランス:

« ヒストリー・オブ・バイオレンス | Main | 差別的発言だったのか? »